六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んできた

 

ことの発端は、当メディア「ロカフレ」のライター達が都内某所に集められたことにある。

 

 

「あのね、そろそろ編集長としてチヤホヤされたい。

つらい取材ばっかじゃなくて、地域の名産品でもてなされたい。

だから、ライター達が名産品で地元をPRする 地元1グランプリ を開催する!!!」

 

 

優勝したら賞金よこせ」
それ使って地元で豪遊する記事かいてあげるから~(笑)」
「編集長のポケットマネーならできるっしょ」
「ウヒョー」

 

 

詳細はこちらの記事にあるので割愛しますが、結果……

 

 

わたし、中馬さりの(@chuuuuuman)が賞金および地元で豪遊する権利を

 

手にした

 

 

手にしたんだ

 

 

けれど

 

 

 

わたしの地元って、いちおう東京なんですけどこんな感じなんですね。

 

 

ヤバくない??

ジョジョの●妙な冒険っぽくポップに演出してみたけど、ぬぐえない寂しさがヤバくない???

 

そう、控えめにいってド田舎。

誇れるものは横に広いイトーヨーカドーと野生のタヌキくらいなんです。

 

 

どうしよう……編集部は地元を紹介しろってうるさいし……

おふろcafeとか江ノ島とか新宿とかのが、ぜえぇぇっっったいに楽しいのに……

 

そんなとき、わたしの中に潜むマリーアントワネットが声をあげました。

 

「地元がつまらないなら、東京っぽい豪遊スポットを地元といいはればいいじゃない」

 

 

たしかに。

(地元といっしょに孤独な幼少期も思いだして思考が乱れていますね、許してください)

 

だって、ド田舎のさくら水産で「見てください、こちらが野生のコウモリです♡」なんて記事は楽しくないでしょう?!!!

 

 

ということで、やってきました六本木!!!!

オフィスや美術館もありながら、ハプニングがおきがちなバーやクラブも集まっているというディープな夜遊びスポットです。

 

今日はそのなかでも群をぬいて華やかな「バーレスク東京」に行ってきました!

 

最高に可愛い女性たちに会える「バーレスク東京」

 

六本木に数ある豪遊スポットのなかでも、今回おとずれたのは「バーレスク東京」です。

 

バーレスク東京

住所:〒106-0032 東京都港区六本木3-8-15 六本木日拓ビルB2F

”東京都港区六本木3-8-15

TEL:03-6447-2037

営業時間:18:30から翌1:00

公式HP:http://burlesque-roppongi.com/

 

なぜバーレスク東京にしたのか……

 

  • 女の子の質がとんでもなく高いらしい
  • 色っぽいだけじゃない圧倒的パフォーマンスが見られるらしい
  • お客さんによるSNSへの投稿がオールOK

 

上記のような私利私欲がメインです。

 

だって……、代表の方に聞いたところバーレスク東京には毎月70名以上の女の子達から「働きたい!」というオファーがあるんですって!

その中から、る気があること&容姿が綺麗であることをポイントに選ばれたのがバーレスク東京のダンサー達。

 

これは、さぞかし素敵な女性たちのパフォーマンスが観れそうじゃないですか……!

 

 

バーレスク東京は地下2階。

緊張の面持ちで1歩1歩すすんでいくたび、ダンサーさん達のまぶしい笑顔が目に飛びこんできます。

 

 

入り口の前で受付を済ませ、いざ来店!

百聞は一見に如かずです。まずは雰囲気をご覧ください。

 

扉を開けるとキラキラあふれる映画の世界

 

 

 

 

 

やっばい、超キラキラしてる……!こーーーれは、東京っぽいんじゃない?!!

今回はこのバーレスク東京で、編集長兼カメラマンのやましゅーさん(童貞)と豪遊したいと思います!

 

 

「……大丈夫ですか中馬さん。
ぼく、こういう賑やかな場所は くぁwせdrftgyふじこlp……」

(童貞感がすごい)
だ、大丈夫です、地元ですから。東京の遊びを教えてやんよ!」

「出身ド田舎のくせに……今も借りてきた猫みたいになってるし……
ぼくクラブとかも苦手なんですけど……」

「いやわたしもクラブは苦手ですから……って
ちょっと待って可愛い!!手ふってくれてる!!!!

 

 

圧倒的きらびやかさに緊張する私たちを知ってか知らずか、ダンサーさん達はすごくウェルカムな雰囲気!

そんなに手をひろげちゃったら顔の小ささが際立ちすぎる。

 

 

気が狂ったように手を降り続ける中馬。

 

 

もはやカメラを置いて見とれるやましゅーさん。

 

「え、なんかもうひたすらに可愛くないですか」

「可愛いしかいうことがないです」

(あ、やましゅーさん楽しそう)

 

 

おずおずと近寄ってみると、みんな目線をくれます……!

 

 

「あっ!!!!その見下し加減、最高です!!!!」

「やましゅーさん、ちょっと惚れてるでしょう。」

「ふへへ」

(…………えっ……)

 

バーレスク東京の料金設定は意外とお財布に優しい

 

すでに満喫しはじめていますが、ここでお伝えしておきたい料金の話!

バーレスク東京のお値段は意外とリーズナブルなんです。

 

今回、わたし達はステージ真ん前の席がもらえる「ド迫力プラン」を事前予約しました。

ド迫力プランに含まれるのは以下の4つ!

  • ステージ真ん前の席代
  • ドリンク1杯
  • 光る棒(ペンライトみたいなやつ)
  • RION(リオン)10枚分

初めて行く人も、とりあえずこのド迫力プランの予約がおすすめです。

当日だと税込8,580円ですが、前日までにwebで予約すると6,480円で楽しめますよ!

 

 

ちなみに、RION(リオン)というのはバーレスク東京内で使えるチップのこと。

応援したいダンサーさんにプレゼントします。

 

 

1000円で10枚組。追加購入は基本的にいつでもOK。

ド迫力プランにはもともと1000円分のRIONが含まれてますよ~!

 

 

プラン内のドリンクは、タイミングをみてカウンターへもらいにいきましょう!

 

 

シャンパンなどボトルの飲み物は追加料金。

でも、今日かかった料金はド迫力プラン2人分の12,960円(6480円 × 2人分)のみ。豪遊するなら飲んでもいいかもですね!

 

他にも、女性のグループ向けにはもうすこし安い「女子会プラン」があったり、聞こえてくる音楽オンリーで楽しむ「音席」があったり。

バリエーションがあるので、場合によってはもっとリーズナブルにショーを楽しむこともできるかも!

 

「ねえねえ、3万円も豪遊していいよって言われてるのにメディアの財政を考える中馬……優しくないです?」

「えらい。そしてバーレスク東京がすごい。
豪遊とか言ってますけど、ロカフレはずっと財政難ですからね」

 

いよいよショー開始……!

 

 

そんな感じであたりを物色していると、あっという間にショーの開始時間となりました。

バーレスク東京では1日に3回ショータイムを行っています。

1st 18:30入場 19:20開演

2nd   21:00入場 21:20開演

3rd 23:00入場 23:20開演

今回は1番はやい1st Show timeに参加してきました。

スタッフの方に聞いたところ、比較的すいていて狙い目なのは1st Show timeだそう。

2nd show timeからはお仕事おわりの方も来店されるため、より賑やかな雰囲気になるんだとか。

 

 

わくわくしながら待っていると、黒髪なびかせた美人がさっそうと現れました。

いや、美人って言っちゃうとそれまでなんですけど、超美人です。そして、筋肉がすごい

 

 

例えばの話、わたしが水着にワイシャツ、オールバックのポニーテール姿をしたところで

「彼氏のワイシャツ設定うける~★」

ぐらいの破壊力じゃないですか。悲しいことにね。

 

でも、バーレスク東京のダンサーさんがやると違うんです。

あふれでる、色気。フェロモンって出過ぎるとかっこいいんですね。

さらに棒を使って舞ってくださるんです、ご覧ください。

 

 

すごくないですか?!!!!

恥ずかしながらポールダンスというものを初めて生で見たわたし。

ダンサーさんの脚が自分の頭の上をしなやか~~~に通過……もはや口をあけて見守るしかありませんでした。

 

 

感極まった中馬が思わず「RION(リオン)を……!」というと、ダンサーのKumiさんは「ふふふ」と微笑みながら腰をむけてくれました。

ここまで刺青にきゅんときたのは初めて……!

 

Kumiさんはバーレスク東京に入ってポールダンスを始め、今年で約4年になるんだとか。そりゃあ筋肉ついた素敵な体されてるわけだよ。

代表が「経験よりやる気で採用」って言ってたけどこのレベルのやる気ね、ゆるゆるフリーライターには厳しいね。

 

さらにショーは続く

 

 

Kumiさんの素敵さを堪能していると、どこからともなく煙幕が……!

 

 

ついにバーレスク東京の夜が!

 

 

はじまる……!!!

 

 

バーレスク東京のショーは2つの雰囲気で楽しめる

 

バーレスク東京のショーは、可愛いイメージとかっこいいイメージの演目が交互に出てくるよう構成されているそうです。

可愛いイメージのものだと、キャラクターっぽいものやアイドルみたいな感じ!

 

 

かっこいいイメージだと、こんな風にハードな衣装でセクシーな印象です!

 

 

 

 

 

「……ワイヤーアクションってこんな間近で見れるものなんですね、すごい」

「ジャ●ーズだけが使える魔法だと思ってました、すごい」

 

 

動く床の上で踊るなんて絶対に大変じゃん……!

ステージをめいいっぱい使って踊ってくれるのでどこを見てもすごい……!!!

 

中には観客参加型のプログラムも

 

 

急にこんな可愛いダンサーさん達にかこまれたら挙動不審になりそう~!

 

ショーを通して思うのは笑顔の破壊力

 

 

突然ですけど、やっぱり笑顔って破壊力がすごいんですね。

人それぞれ恋に落ちるタイミングってあると思うんですけど、笑顔は人をコロッといかせますわ。

 

こんな可愛いダンサーさんが、こんな至近距離でニコッて。

 

 

コロッ……

 

バーレスク東京のおかげで、「彼女の笑顔が好き」という惚気に100%の理解を示せるようになりました。

 

 

 

しかも、ダンサーさん達はカメラ目線がうまい!!!!

これでお客さん達も写真撮影OK、SNS投稿もフリーって嬉しすぎる。

 

余裕そうに笑顔を振りまいてくれているダンサーさん達。

じつは、曲目が3ヶ月ほどでドンドン変わっていくため各々ほぼ毎日のように練習されているそう。

そりゃあ体も鍛え上げられてるはず。華やかな笑顔は努力の上になりたっているんですね……。

 

 

努力をすれば、こんな色気も、

 

 

出せるように

 

 

なるのかな……。

 

フィナーレではダンサーさん達が客席に降りてきてくれます

 

がっつりショーを堪能したところで、最後はフィナーレ!

RION(リオン)を使うときがきました……!

 

ダンサーさん達がひとりひとりお辞儀をしてから、客席に降りてきてくれます。

 

 

 

 

RIONをお渡しすることで、一緒に写真を撮ったりお話ししてもらうことができますよ。

 

 

お人形さんばりに顔が小さい~~~~!

 

 

中馬は一途なので、最初にポールダンスを披露してくれたKumiさんにつぎこみました。 本当にかっこいい……!

 

 

せっかくなので、やましゅーさんにもRIONをわたしてみました。

 

 

 

 

 

童貞さん……じゃなかった、やましゅーさんどこみてるんだろう……

でも、楽しそうでよかった……

 

バーレスク東京で誕生日のお祝い

 

ちなみに、誕生日のお客さんは壇上にあがって写真を撮ってもらうこともできます。

賑やかに誕生日を迎えたい方は予約のときにぜひ伝えてみてください!

 

圧倒的な可愛さとプロ意識を堪能したいならバーレスク東京♡

 

 

そんなバーレスク東京の第一線で活躍するメンバーは「A-Queen from Burlesque TOKYO」というグループ活動もしています!

9月20日には新曲もリリースされました。

 

曲ももちろんなんですが、やっぱりMVの高クオリティもバーレスク東京ならではだと思います。

例えば、このバーレスク東京の千本桜とかかっこよくないですか?

 

 

「かっこいい!!!セクシーなんですけど、それと同時にかっこいいです!
まるでライブにきたんじゃないかってくらい盛り上がりますね」

「わかる」

「しかもこんなに合法的に女性を撮影していいなんてスゴくないですか?! 普段の生活じゃありえないです!!!」

「ぅわ……、わかる…… かな?

(なんか童貞感がすごい……)

「ロカフレやってて1番楽しかった!!!」

 

 

やましゅーさんをはじめ男性陣がもりあがっていたのは言わずもがな。

個人的に嬉しかったのは、女性のお客さんも沢山いて楽しんでいたこと。

可愛い女の子がキラキラがんばっている様子で勇気をもらうのは、わたしだけじゃないんですね……!

 

あれだけ無駄毛もニキビもない全身を維持するのって、相当な努力とお金が絶対に必要。

ダンサーさん達の振る舞いや表情、場の雰囲気をふくめ、圧倒的なプロ意識が輝く素晴らしいショーでした。

もうね、興味がある方は1回で良いから観てとしかいえない……いや、興味のある方だけでいいから……お願いだから……

 

以上、あなたのイメージする東京に新しい場所が追加されるよう祈りながら、地元豪遊を終えることにします。

ありがとうございました!

【追記】記事公開後の好評につきまして

終わったと見せかけてすみません。ライターの中馬です。

 

今回の記事ですが、

「女性だけど行ってみたくなった!」

「お酒が飲めない自分でも楽しめそう」

などなど拡散していただいた皆様のおかげで、想像以上に暖かい反応をいただくことができました。

ライター冥利につきる~~!思わず祝杯をあげるレベルです。

 

さらにバーレスク東京のダンサーさん達からはこんなメッセージが。

ほら~~~、このウェルカムな雰囲気ですよ~~~。

バーレスク東京の何がいいって、玄人も楽しめるクオリティなのに初心者でも行きやすいダンサーさん達の優しさですよ~~~。

プロのパフォーマンスが堪能できる”バーレスク東京”、ぜひ観に行ってみてくださいね!

関連記事

  1. 【まとめ】2017年のロカフレを振り返る

  2. 大阪のヤンキーに聞くカップルおすすめデートスポット

  3. 昼から飲みたいヤツちょっとこい!浅草満喫♡飲んだくれ旅

  4. 【検証】心霊写真撮るまで、かえ霊ません。~YOU DIE~

  5. くまモンに見つかる度にくまモン化する帰省の旅

  6. 【日曜日】行列に並ばずに築地観光を一日中楽しむ方法を元板前がレポった

  7. 東京⇔京都が片道2,370円? 青春18きっぷの使い方と、ストイックになりきれない人向きの上手い活用術

  8. 東日本縦断ロカフレ旅 5日目(宮城)

  9. 今、韓国旅行は安全なのか。2019年8月11日から韓国の釜山へ行ってきました

  10. 江ノ島観光で癒されろ!とりあえず東京でがんばるあなたへ、最強のひとり旅プランを提案する

  11. 東日本縦断ロカフレ旅 7〜9日目(新潟)

  12. 2700円と『写ルンです』をポッケに入れて出かけた39枚の旅 #カメラの日

  13. 家で男女4人が集まる予定なのでコスパ最強のダイソーハロウィンパーティーで待ってる

  14. 【検証】山手線で山手線ゲームをしてみた件

  15. 東日本縦断ロカフレ旅 4日目(岩手)

  1. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  2. マスクがなければ入場お断り?営業を再開したUSJが関西2府4県限定だ…

    2020.07.02

  3. 【敵は本能寺にあり】亀山城から本能寺まで実際に歩いてみた。

    2020.06.28

  4. 手をかざすと鈴の音がなる?緊急事態宣言が明けた京都の観光地を歩…

    2020.06.08

  5. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営…

    2020.05.18

  6. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  7. 突然の全国一斉臨時休校に現場の教員はどう思っている?現役教員11…

    2020.03.28

  8. 【ジブリ飯】千と千尋のお父さんが食べていたアレを求めて神戸の南…

    2020.03.03

  9. 【花粉対策】マスクの代用品には○○が一番?マスクの代わりになるも…

    2020.02.10

  10. かやぶきの里 雪灯廊に行ったら70年に1度の異変が起きていた

    2020.02.01

  1. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  2. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから…

    2019.08.19

  3. 諦めたことがある全ての人へ。沖縄県の米軍基地を現地取材してきま…

    2018.03.05

  4. 六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んで…

    2017.10.17

  5. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催し…

    2017.10.12

  6. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路…

    2017.10.05

  7. サラダパンの生まれ故郷『まるい食パン専門店はつるやパンの夢やっ…

    2017.09.15

  8. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付…

    2017.08.10

  9. 江ノ島観光で癒されろ!とりあえず東京でがんばるあなたへ、最強の…

    2017.07.25

  10. 昆虫食が人類の未来を救う?実食したら少し世界が広がった話

    2017.06.20