うちの地元が1番だ!地元1グランプリ!!


6月下旬、編集長の呼び出しでロカフレライターが都内某所に集められた。

理由は一切聞かされていない。

「よく来たな、お前ら。」

 

 

「今日はお前らに言いたいことがある。」

 

「いいか、よく聞けよ。」

 

「いっつも無能無能いじりやがって!俺は編集長だぞ!!もっと敬意を持て敬意を!」

 

「そういう態度のことを言ってん……前田~!自分の乳首をチェックするな!!

 

「こっそり携帯見るな!キレイなY字になるな!!」

 

 

「お前ら俺のことなめてるだろ?よし、決めた。今から俺をもてなせ!精一杯接待しろ!!」

 

(器ちっちぇ~)

 

「じゃあこれ企画ってことですね!」

 

「一番もてなし上手だった人に編集長から自腹で5万円な。」

 

「いいね。自分の地元の名産品でおもてなしする『地元1グランプリ』ってことでやりましょう!」

 

「え?自腹?まじで?」

 

「やりますよね?」

 

 

「・・・3万円でもいい?」

 

こうして、編集長が威厳を取り戻すために集めたロカフレライター達の手によって、編集長のポケットマネー3万円をかけたおもてなし対決『地元1グランプリ』が開催されることになりました。

 

「こんなはずじゃなかった……」

 

 

というわけで、それぞれの地元の名産品を購入するために、ライター各々が足取り重くアンテナショップに向かいます。

「アンテナを売ってる店じゃないからな!気をつけろよ。」
 

 

東京都内のアンテナショップは基本的に山手線内、特に東京駅、銀座、新宿などに多いので気軽に全国の特産品を買うことができます。

旅行のお土産を買い忘れた!って人もこれさえあれば安心ですね。

 

(編集長のわがままに付き合っている時間はないので、買い出しの場面はカットします。)

 

地元1グランプリ開催

それでは各自購入してきた商品で、編集長を『おもてなし』しましょう。

待って。その前にみんなこれ着てね。

 

「ロカフレTシャツ作ってみたんだ。」

 

なんですか?この激ダサTシャツは?
俺は『ぼりさんTシャツ』でいいや。
これ着るくらいならもう一回バンジー飛びます。
ってかロゴの位置低くないですか?
少年野球でお母さんが背番号つける位置間違えた時を思い出した。

 

「うるせー!!これ着ない奴らは全員失格!!!」

それでは行ってみましょー!!!

 

 

エントリーナンバー1 ニシキドアヤト

お酒はよくわかんなかったので、適当に買いました。あと、みっくちゅじゅーちゅは僕が飲みたかったやつです。
適当?適当って言っちゃうの?

 

「厳密に言うと適当ではなくて、昔食べてた駄菓子の『どんどん焼』のパッケージイラストに似てたからです。」

適当だな。

 

「喉乾いたんで、とりあえず飲みますね。」

 

 

ふぅ
『ふぅ』じゃねーよ。もてなす気あんのか?

 

「ご安心を。本命はこっちです。」

オモシロクナ~ル?嫌な予感しかしない……

 

「これ飲んで一発お願いします。」

 

「ウヒョーーーーーー!!!☆」

 

「はい!ギャグギャグ~!!ギャグギャグ~!!!」

 

 

 

 

 

 

「類似品の『ヨクスベ~ル』だったかもしれません。」

 

 

エントリーナンバー2 ダイソン後藤

 

僕は割とマジメに選んできましたよ。

 

 

ホントは僕が今住んでる伏見の名水を使った日本酒にしたかったんだけど、編集長ムリでしょ?
うん。ムリ。

 

ちょっと邪道かもしれないですけど、『にごり酒をサイダーで割ると飲みやすくなる。』って蔵元のおじさんが言ってました。

 

「あっ、これなら飲める!」

 

このビールも美味しそう。

 

「ダメです。これは僕用に買ってきたやつなんで。」

 

「新幹線で買うか迷ってたんでちょうどよかったです。」

 

エントリーナンバー3 中馬さりの

東京の中でも小笠原シリーズで統一してみました。
え?中馬さん小笠原出身じゃないですよね?
はい!でも行ってみたいなー、って思ってるんですよね!
(それを持ってきたってことはロカフレの経費で小笠原取材に……) 前向きに検討します。
じゃあケーキ盛り付けてきますね!ニコッ

「ロカフレへの愛を込めてみました!」

 

「あ~『ロカフレ』ってなってるぅ~」

食べてみてください!

「通常時の120倍美味いっ!!」

 

パッションフルーツシャーベットは私が食べさせてあげますね♡

 

「え?いいの?なんか悪いね、みんな。」

 

「はい、あ~ん♡」

 

「おごっ」

 

「あっ、歯に染みる」

 

「あ、頭が~」

 

「あぁあ~歯が~頭が~」

 

「あああああああああああ

 

エントリーナンバー4 ぼりさん

テーマは『地元の酒』だから、ガッツリ用意したぞ。

 

「これを飲め。」

日本酒ですか……せめてつまむものを。

 

「安心しな。きちんと用意してる。」

 

「し、塩……?通が過ぎる。」

 

 

なんかここだけ任侠映画みたいになってない?

 

「うん。ムリです。」

 

 

エントリーナンバー5 ジャンプ力に定評のある前田

僕は熊本の日常をお届けしたいと思います。まずはこちら、『日奈久竹輪』をどうぞ。

 

「普通のちくわより肉厚!!おいしいです!ありがとうございます!」

ちょっと調理があるので、先にお酒飲んどいてください!このくまモンがお酒です!

 

「これお酒だったんだ」

 

「うぇえぇぇ」

 

「あっ、そのお酒、割って飲むようなので気を付けてくださいね~」

 

先言えや。

 

「急いでこの、熊本の小中学校では夏になると給食に出てくる熊本県民のソウルドリンク『ジューシー(みかんジュース)』を飲んでください!」

 

「やけに説明口調だったけど美味い。」

熊本の小学生はこれを給食で飲めるのか、いいなー。
そうなんです。あっ、ラーメンもできましたよ。

 

「へいお待ちっ!」

(ガッツリ入ってんなぁ~)

 

(でもこんなピュアな目で見られたら何も言えねぇ~)

 

「普通にめっちゃ美味い!」

 

あれ、ちょっとヤバくない?
全体的に高評価ですよね。ヤバいかもしれない。

 

「最後はコレです!」

 

「なにこれ?昆虫とかじゃないよね?」

これは『御飯の友』って言って、熊本の家庭にひとつは置いてあるくらい、熊本県民になじみのあるふりかけです。
ふりかけ?熊本県のふりかけってこんな状態で売られてるの?
いえ、そのまま食べさせるのはアレなんで薬局で買ってきたカプセルにふりかけを詰めました。

 

「失格。」

 

結果発表

これで今回の地元1グランプリのすべての挑戦者が出そろいました。

果たして誰が編集長から3万円のポケットマネーを受け取り、『ただただ自分の地元で豪遊するだけの記事を書くことができる権利』を手にすることができるのでしょうか。

審査員にしてスポンサーでもある編集長やましゅーから発表されます。

「それでは発表します。優勝者は……」

 

「中馬さんで~す!!!」

贔屓だ贔屓!!
あ~んしてもらったからだろ!
ばーか
独断と偏見が過ぎるぞー

 

 

「お前ら4人はもてなす気なかったじゃん。」

 

ズゴー!!!

 

というわけで優勝は中馬!

 

優勝賞品の『ただただ自分の地元で豪遊するだけの記事を書くことができる権利』が中馬に送られたので、後日中馬の地元満喫記事がアップされる予定です。ご期待ください!

 

プロフィール一覧

やましゅー🏠

ニシキドアヤト🏠

ダイソン後藤🏠

中馬さりの🏠

ぼりさん🏠

ジャンプ力に定評のある前田🏠