1,000円だけ渡されて青森に放り出されました。助けてください。


始めましてライターのゆーだいです。
突然ですがここは青森県青森市です。事態はまだ呑み込めていません。

 

~さかのぼること二日前~

ゆーだい君さ、こないだアメリカ留学から帰ってきたところだよね?
はい。
大学は10月からだからそれまで暇だよね?
まぁ、ひまですけど・・・
じゃあよかった!はいこれ!
え?夜行バスのチケット?
うん。とりあえず行ってきて!あと、お金はこっちで用意するから財布は置いて行ってね。
え?待ってください、どういうことですか?
行けばわかるから!じゃあよろしくね!
え?え?もうちょっと詳しく……

というわけで言われたとおりにバスに乗りこむ僕。

 

東京行きのバスだったことに安心したのもつかの間、東京でさらにバスを乗り継いで……

 

待っていたのは青森行き

 

こうして冒頭の青森駅での写真に戻ってくるわけです。

ダイソンさんからは行けばわかると言われましたが全く何もわかりません。

「あ、いたいた!君がゆーだい君だよね?」

 

そうですけど……どちら様でしょうか?
初めまして!編集長のやましゅーです。これから2週間くらいかな?よろしくね!
え?2週間?どういうことですか?
とりあえずダイソンから手紙を預かってるからこれ読んで!

「まじですか?」

 

「まじまじ。体重計も用意してあるから!」

 

「こいつに僕の旅の命運がかかってるんですね……」

結構歩くことにもなるだろうし、大変だと思うけど頑張ってね!
アレ?やましゅーさんも一緒についてきてくれるんですよね?
そうだよ!でも僕はカメラマンだから!
いや、カメラ持って一緒に歩いたらその方が大変じゃないですか?
・・・・・・・ほんとだ。やばいじゃん。
・・・

 

というわけで、無理やり青森に無一文の状態で放り出された上にクソダサいTシャツまで着せられ、ここから自力で実家のある京都まで帰ることが決定しました。

しかもお金は僕の減量と、サイコロの運しだい。

まじでこれ無事にたどりつけるのかな。

 

はいこれ。最悪夏だからこれでなんとかなるよね。あとライトと水はこっちで用意したから、全然痩せなくてもとりあえず死ぬ心配はないね。
野宿ですか?流石に地獄過ぎません?
まぁまぁ、さくさくっと減量すればお金もいっぱい手に入るし、そうすりゃホテルとかも泊まれるじゃん!
確かにそうですね。痩せればいいだけですよね。あっ、そういえば今日の分のお金はどうするんですか?

 

 

はい、今日は前日からの減量とかないから1000円あげるね!
たった1000円だけですか?
何言ってんの!1000円手に入れようと思ったら、1000g痩せないとダメなんだよ?
1000gって……1kg? え?1kg痩せても1000円しかもらえないんですか?
あれ?もしかしてこの企画けっこうやばい?
(まじで死ぬかもしれない……)

 

かなり不安ですが、こうして東日本縦断ロカフレ旅が始まってしまいました。

 

ちなみに今日の体重は67.3kg

 

ここからどれだけ減らせるかがポイントですね……

 

今朝、青森駅に着いてからすでに半日が経っています。早くも色々と事件は起こりましたが、詳細については明日以降の記事でお伝えしようと思っています。

リアルタイムの状況はtwitterで#東日本縦断ロカフレ旅で報告させていただきますので、ぜひぜひフォローしてください!

ゆーだいのtwitter

やましゅーのtwitter

ロカフレのtwitter

 

ちなみに「このルールではマジで京都まで帰ってこれないです。」とダイソンさんにクレームの電話を入れたところ、

 

大丈夫大丈夫、たまに救済措置としてミッション出すから!あ、できるだけフォロワーさんは多い方がいいかも~

 

などとふざけたことを言っていました。

焼肉を食いながら。

マジで京都に帰ったらロープで縛ってチャーシューにして煮込んでやろうと思います。

 

どんなミッションがあるかは僕は知りませんが、どうやら皆さんに助けてもらわないといけないようなものもあるみたいです!

みなさーん!!ほんとに今、青森から京都まで帰ってるとこなので、食料でも恵んでやろうという方がいれば助けてください!!

 

旅の続きはこちら