【ジブリ飯】千と千尋のお父さんが食べていたアレを求めて神戸の南京町まで探しに来た

突然ですが、皆さんジブリ飯って食べたくないですか?食べたいですよね?僕は食べたいです。

ジブリ飯といえば、″ラピュタでパズーがかばんから取り出したアレ”とか、”カリオストロでルパンと次元が食べてたアレ”とか、いろいろ美味しそうなものがあると思うんですが、僕が一番食べたいのは、千と千尋の神隠しでお父さんが食べてたアレです!

流石にちゃんと画像はつかえませんが、コレ!

 

千尋はこのシーンで「ほら、千尋も食べな。骨までやわらかいよ」と言われても「ダメだよ。かえろうよ。」ってちゃんと断るんですが、僕なら一緒に食べてます。だって財布もカードも持ってるお父さんがついてるし……。

 

骨までやわらかいこのお肉?を僕も食べたい!!

 

”千と千尋のお父さんのアレ”を求めて南京町へ

というわけで、千と千尋のお父さんの食べてたアレを求めて神戸にある中華街、南京町にやってきました。

 

中華街を選んだのは、なんとなく中華っぽい雰囲気だった気がするから!

ここに来れば何か情報が手に入るのではないでしょうか!!

というわけでさっそく聞き込みを開始します。

ちなみにこの格好は千尋のお父さんを意識しています。

 

え?

紅の豚の方が似てる?

 

……僕もそう思います。

 

老祥記の行列はすごい

 

色々と聞き込みをしてみて分かったのですが、この南京町の店員さんはほぼ全員が中国人の方で、日本人は1人も見当たりませんでした。

おまけに「北京ダックおいしいよ~」や「中で座って食べられるよ~」といった定型文は皆さん流暢なのですが、日本語自体が話せるわけではなく、聞き込みを行うもほぼ会話ができませんでした。

 

そして、南京町ではお店のルールで、店員さんの撮影はNGなのだそう。なので、今回の記事では僕が一人で写っている写真がほとんどですが、悪しからずご了承ください。

 

痛恨のミスが発覚

撮影NGのルールを教えてくれた唯一日本語が話せるお姉さんに聞いたところ、こんな料理は見たことがないとのこと。とても親切な方で、別の店員さんにも聞きに行ってくださったのですが、誰もわからず、中華料理ではない可能性が出てきました。

あれが中華じゃなかったとは。

よくよく考えたら、千と千尋の神隠しのモデルの一つになっているのが台湾の九份だと聞いたことがありました。

千と千尋のお父さんが食べていたアレは台湾料理なのかもしれません!!

 

……なんで中華だと思ったんだろう。南京町に来たのはミスだったか!

 

いやいや、南京町には中華だけではなく、台湾料理もあるはず!

というわけで、南京町の中にある台湾料理のお店、「台湾 タンパオ」さんへやってきました。

こちらで聞き込みを行ったのですが、この店は台湾料理というより、小籠包の専門店だったため、”千と千尋のお父さんのアレ”の正体はわかりませんでした。

しかし、この店の小籠包はかなり本格的で、レンゲに乗せて皮を少し噛むと肉汁がジュワっとあふれ出てきます。もちろん味もおいしい!

 

“千と千尋のお父さんのアレ”の正体はわかりませんでしたが、このお店はとてもおススメです!

場所も南京町の中心部にあってわかりやすいので、南京町に来た際にはぜひ!

 

ついに”千と千尋のお父さんのアレ”と出会える?

さて、”千と千尋のお父さんのアレ”は見つかりませんでしたが、この近くにあるという台湾料理屋さんを教えていただいたので、そちらに移動したいと思います。

南京町の中心にある台湾タンパオさんから徒歩3分のところにある「丸玉食堂」さんへやってきました。一見普通の定食屋さんのような外観ですが、本格的な台湾料理が食べられるお店なんです。外観からは想像できないほど奥行きがあります。

写真を見せながら、”千と千尋のお父さんのアレ”を探していることを伝えると、この料理はわからないが、それに近いものならあるかもしれない。ということでそちらを注文しました。

 

出てきたのが、

腸詰め 600円

 

ローメン 550円

腸詰めは、ソーセージのような見た目ですが、どちらかというと焼き豚に近いかな?しっかり噛み応えがあって、甘味を感じます。

そしてこちらの食堂の名物料理の一つでもあるローメンは、卵でとじられた餡かけ麺で、とてもやさしい味がします。いわゆる中華のコッテリ感が欲しい方からすると少し物足りないかもしれませんが、とてもおいしい!

 

そしてこの料理を食べると……

それっぽい~!!

確かに”千と千尋のお父さんのアレ”って、麺に見えなくもないんですよね。写真だけをみるとけっこうそれっぽい!

……でも思い出してみてください。あのセリフを。

 

「骨まで柔らかいよ」

 

このセリフを言っていたのはお母さんで、別のものを食べていたような気もするんですが、やっぱりお父さんのアレも麺ではなく肉だと思うんですよね。

なにより僕が食べたいのは柔らくてでっかい肉なんです!!

 

ここで企画を終了にするわけにはいきません。

 

しかし、丸玉食堂さんもまたおすすめできるお店でしたので、こちらもぜひ!

 

有力情報をゲット!

というわけで再び南京町に戻って聞き込みを再開します。

店員さんに聞くことは諦めて観光に来ていた方々に聞き込みを始めたところ、ある有力な情報をゲットしました!!

 

どうやら、”千と千尋のお父さんのアレ”は「肉圓(バーワン)」という台湾のB級グルメなのではないかという情報が巷ではまことしやかにささやかれているそうなんです!

名前の字面からして肉料理っぽい!!

そしてやっぱり”千と千尋のお父さんのアレ”を気になっている人は他にもいるんだ!!

 

ということで「神戸 バーワン」「神戸 肉圓」などで検索してみたのですが、「Bar ONE」というバーしか見つかりませんでした。

バーONEに行きたいんじゃない。バーワンが食べたいんだ。

「ダメだよおばあちゃん。神戸にはバーワンはない。」

 

捜索範囲をさらに広げたところ、どうやら京都に肉圓(バーワン)を食べられる台湾料理店があるようです。

 

というわけで

この車は四駆だぞ!!

 

”千と千尋のお父さんのアレ”候補である肉圓(バーワン)を探して、神戸から京都へと向かいました。

 

舞台は京都へ。肉圓(バーワン)に出会えるか?

京都の神宮丸太町にある、肉圓(バーワン)が食べられるという台湾料理屋「微風台南」さんにやってきました。すっかり日も暮れてしまい、肌寒くなってきました。

店内はよい意味で雑多な雰囲気

 

卵を茶葉で煮たもの。台湾ではコンビニでも売っているらしい

ドアを開けると独特のにおいがフワッと鼻孔を刺激します。台湾にはいったことがないのですが、香港などで感じたにおいに似ている気がする。

店内に広がるアジアンで非日常な空間に、ここでなら探し求めていた千と千尋のお父さんのアレに出会えるんじゃないかという期待感が嫌でも高まります。

メニューを探すと

 

あー!見つけたー!!

 

肉圓(バーワン)だ!!!

さっそくバーワンと、他にもおいしそうな台湾料理をいくつか注文しました。

 

待つこと数分。

ついに待ちに待った肉圓(バーワン)が到着しました。

 

確かに似てる!!

 

口に持っていく前に崩れてしまった

もちもちのお餅に肉餡が包まれていて、周りにはタレが絡んでいます。ブヨブヨ感や肉感などは確かに千と千尋のお父さんのアレに似ている気がします。

そして肉圓(バーワン)自体が美味しいのか、この店の味付けが良いのかはわかりませんが、とても美味しい!!

ただ、千と千尋のお父さんのアレは餅に包まれている感じでもなさそうなんですよね。もっと純粋な肉っぽい。

本当に肉圓(バーワン)で間違いないかと言われればまだまだ疑問は残ります。

 

しかし、お腹もいっぱいになったし、何より「微風台南」という素敵な台湾料理屋さんに出会えたので大満足!

台湾に行っていないのに、すごく台湾を感じられるんですよね。

魯肉飯(ルーローハン

 

排骨麺(パイク―メン)

 

台湾ビールが飲めるのも嬉しい!

最高っ!!

 

 

まとめ

”千と千尋のお父さんのアレ”を求めて神戸の南京町まで行きましたが、どうやら中華ではなく台湾料理の説が濃厚なようです。

候補① ローメン

候補② 肉圓(バーワン)

どちらもそれっぽい気はしますが、どこか違う気も……。特に肉圓(バーワン)は似ている気はします!

ただ、どちらも美味しかったし、そもそも台湾料理が美味しいということに気づきました。

次は本場の台湾に”千と千尋のお父さんのアレ”を探しに行ってみたいと思います!!

 

終わり

関連記事

  1. 無人島にドッキリでぶち込まれた板前が2泊3日の自給自足に挑戦した話

  2. [京都]座りながらお花見を楽しめる場所3選

  3. くまモンに見つかる度にくまモン化する帰省の旅

  4. 缶詰バーって知ってる?300種類以上の缶詰を楽しめるmr.kansoに行ったらワクワクが止まらなかった。

  5. ブリしゃぶが食べたくて石川県の金沢に行ってみたら、そこはお魚天国でした。

  6. 沖縄料理はマズイってほんと?沖縄ダイエットをしてみた。

  7. 全てのマンネリカップルに告ぐ、この夏はキャンプデートをせよ!

  8. 馬券の買い方も知らない競馬未経験者が行く菊花賞!~競馬場の歩き方 初心者編~

  9. 旅の終わりに。お詫びと訂正、そして圧倒的感謝……

  10. 東日本縦断ロカフレ旅 6日目(福島)

  11. 突然の全国一斉臨時休校に現場の教員はどう思っている?現役教員11人に生の声を聴いてきた

  12. 編集長の財布が盗られました。東日本縦断ロカフレ旅

  13. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付いてしまった話 後編

  14. 東日本縦断ロカフレ旅 3日目(岩手)

  15. 東京⇔京都が片道2,370円? 青春18きっぷの使い方と、ストイックになりきれない人向きの上手い活用術