緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営者が語るコロナショックの裏側

コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本でも緊急事態宣言が発令され、多くの飲食店や娯楽施設、学習塾やホテル・旅館、その他さまざまな事業が営業自粛を余儀なくされています。

そういった施設に勤めていた数多くの従業員は仕事を奪われ、いつ元通りに戻れるかもわからない不安な日々を過ごしています。

 

しかし、従業員以上に苦しい状況に立たされているのが経営者ではないでしょうか。

国や地方自治体から休業協力金が支払われるといっても50万円~100万円程度です。もちろん我々一般市民からすれば大金ですが、規模の大きな経営者であればあるほど、これくらいの金額は焼け石に水といったところでしょう。

 

そんな苦境に立たされている経営者はこのコロナショックに対してどのように立ち向かっているのでしょうか。

今回は飲食店を3店舗展開している株式会社ネクストフードアール代表取締役の川田さんに取材をしてきました。

なお、コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインにて取材をおこなっております。

 

月の売り上げが9割9分減

本日はよろしくお願いします。さっそくなんですけど、川田さんの会社って、コロナショックの前はどれくらい売り上げがあったんですか?

 

そうですね、会社全体で言ったら前期で大体1億6000万ちょっとかな?11月ごろから新しいお店もオープンしたので、まだ正確には計れないんですけど、後期は2億をちょっと超えるかな、という感じでしたね。

 

え。思ってたのと規模が違う。年商3億超ってことですか?

 

会社全体の売り上げなので、飲食店だけの数字ではないんですけどね。

 

それにしてもすごすぎる。わけてほしい……!

 

川田さんが代表取締役を務める株式会社ネクストフードアールは、三重県の津市を中心に、飲食店を3店舗経営しているほか、松坂牛などを取り扱うネット通販やイラスト制作事業など、多角的な経営を行っているそうで、会社全体の年商は3億円超!すごすぎる!!

会社情報:株式会社ネクストフードアール

 

でもそれだけの売り上げがあるということは、今回のコロナウイルスによる一連の騒動でかなりダメージを受けているのではないでしょうか?

さっそく疑問をぶつけてみました。

 

それだけの規模で経営されていると、今回のコロナショックの被害は相当大きいのではないですか?

 

飲食で言うとそうですね。3月の売り上げは7割減くらいで、4月にいたっては9割9分減です。

 

え、壊滅的じゃないですか。

 

そもそも4月はほとんど店を開けられていませんからね。本来は繁忙期なんですよこの季節は。それが丸々なくなってしまった形ですね。

 

やはり飲食店にとって今回の営業自粛は相当大きかったようです。一応時短での営業は可能なものの、酒類の提供は19時までなどの制限は、アルコールを提供するお店にとっては実質閉店を迫られているようなものなのだそう。

月に1200万円~1300万円ほどの売り上げがなくなると考えると、休業協力金などはやはり微々たるものに感じてしまいます。

 

すぐにデリバリーサービスを開始

飲食店の営業自粛はかなりの痛手だったようですが、川田さんは、ただ指をくわえていたわけではないそうです。

じゃあコロナがある程度収まるまでは、飲食の方はひたすら耐えるだけですか?

 

いえ。営業自粛が決まってからすぐにデリバリーサービスを始めました。「かつさと」というカツ丼チェーン店のフライチャイズ経営をしているので、そちらの店舗でデリバリーを行っています。デリバリー専門のホームページもすでに開設しました。
 
かつさとのデリバリー専門サイト:https://katsusato-delivery.com/

 

おぉ、さすが行動が早い!でもフランチャイズってそんなにフットワーク軽くデリバリーを始められるものなんですね。

 

それに関しては、今回のコロナに関係なく、フランチャイズ契約を結ぶ段階でデリバリーをしてもよいという許可をもらっていたんですよね。必ずデリバリーサービスは必要になると思っていたので。

 

なんと川田さんは、コロナ騒動を見越したかのように、デリバリーの許可ありきでフランチャイズ契約を結んでいたらしい。超能力者なのか?

 

全然こんな騒動が起こるなんて予想もしていなかったですよ(笑) ただ、三重にはウーバーイーツがないんですよね。お年寄りも多いし、いつかはデリバリーができたらいいなと思っていたんです。今回のコロナ騒動には背中を押された形ですね。

 

川田さんは、数年後にはドローンを活用したデリバリーサービスが当たり前になっているのではないかと予想しているらしく、そういったドローンの活用は地方から始まると睨んでいるのだそう。東京や大阪なんかは高いビルも多いし、たしかにドローンが飛び交うのは難しそうなので、川田さんの予想通りになるかしれない……。

そうした将来に備えていた準備が功を奏した形ですが、それもこれも川田さんの先見性の賜物。

 

ちなみにデリバリーの方は利益は出ているんですか?

 

うーん、売り上げ月に50万~70万円くらいですかね。黒字かと言われると微妙なところです。でもデリバリーだけだと固定費はほぼかからないですし、家賃は閉店していても発生してしまうので、何もしないよりは家賃を回収できている分ずっとマシですね。社員への給料は休業手当が出るので、なんとか回っている状態です。

 

何もしなければ店舗の家賃分が赤字になるところを、デリバリーを始めることでなんとかプラスマイナス0くらいに持っていけている川田さんですが、やはりこの状況が続くのはかなりきついでしょう。

しかし、取材日前日の5月14日に朗報が入ってきました。それは特定警戒都道府県を除く39県の緊急事態宣言の解除です。これによって三重県の緊急事態宣言も解除されました。

 

緊急事態宣言が解除されたからと言って、すぐに再開はできない

すごくタイムリーですけど、昨日三重県の緊急事態宣言は解除されましたよね。もうお店も再開されているんですか?

 

うちはまだ再開していませんね。周りの様子を見ながら徐々に再開していくことになると思います。まぁ周りも同じように考えていると思いますけど(笑)

 

営業自粛要請が解除されたからと言って、すぐに元通りとはいかないようです。周りが営業をしていない中で再開して、万が一コロナウイルスの感染が起きてしまったらと考えると、営業再開のタイミングは本当に難しいですよね。

自粛警察と呼ばれる、独自の正義感を持った人たちも話題になっていますし、風評被害や従業員への直接的な悪影響を考えると、慎重にならざるを得ない状況なのでしょう。

 

仮に営業が再開できたとしても、これからしばらくはスタッフの検温だったりマスク着用やアルコール消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保なんかをしっかり守りながら少しずつ前に進んでいくしかないですね。

 

緊急事態宣言が解除されたからと言って、すぐに元通りに戻れるわけではないんですね。

 

そうですね。完全に元通りの営業ができるのは年単位の話になってくるでしょうね。ただ、こういった状況だと、我々のような小さな会社の方がスピード感をもって動きやすいので、チャンスはチャンスかなと思っています。

 

なるほど。悲観的にとらえるのではなく、むしろチャンスと捉えるんだ。

 

このタイミングで新店舗もオープンしますよ。

 

ほんとにすごいタイミングですね(笑) そのお店も飲食ですか?

 

そうですね。それもフランチャイズなんですけど、三重県の伊勢市にオープンすることになりました。この騒動の前から決まっていたことで、まぁ悩むには悩んだんですけど、乗り掛かった舟ですし、悩むことにも疲れたので、やってしまえと(笑)

 

コロナウイルスの影響で売り上げが500%アップ?

コロナウイルスの影響で飲食店の売り上げがほぼなくなってしまった川田さんですが、実は会社全体の売り上げはむしろアップしているらしいのです。

どういうカラクリ?

 

でも本当に苦しい時期が続いていますよね。

 

実はそんなことはなくて、飲食の方は壊滅的なんですけど、ネット通販の方はむしろ売り上げが上がっているんですよね。

 

そう。コロナウイルスの感染拡大によって人々の生活様式が変わっていき、大きなダメージを受けている業界もたくさんありますが、すべての業界が悪影響を受けているわけではありません。

たとえばステイホームで家にいる時間が長くなった分、自宅で楽しめる任天堂スイッチなどのテレビゲームなどは売り切れが続いていたり、家電製品も売り上げを伸ばしているようです。また、外食が減った分スーパーの売り上げが上がったりと、良い影響を受けている業界も少なくありません。

そしてネット通販は、まさにコロナの影響を良い意味で受けており、外出を避ける人々の利用がぐっと増えているのです。

 

確かに僕もここ二カ月くらいは気が付いたらポチってる気がする。ちなみに売り上げってどのくらい変わりました?

 

そうですね。4月は200%アップで、5月はまだ10日くらいまでの段階なんですけど、500%増くらいまでいっちゃってますね。だから会社としてはむしろ売り上げが上がっているんです。なので、コロナ自体は早く収束してほしいとは思っていますが、仮に第二波、第三波が来たとしてもネット通販の方で何とかなるとは思っています。

 

やっぱりこういう時には多角的な経営が強いですよね。もしかしてこういった事態も先読みしていたんですか?

 

いやいや、そんなことないですよ。もちろんリスクヘッジのためという意味もありますが、ここまでの事態は想定していないですし、どちらかというと興味のあることはどんどんやっちゃうタイプなんですよね。選択肢が多い方が従業員のやりたいこともやらせてあげられるし、僕も楽しいですし。

 

川田さんの会社で働きたくなってきました。

 

これからの社会はどうなっていく?

今までに誰も体験したことがない、まさに未曽有の事態ですから、先のことは誰にもわかりません。

しかし、これだけの先見性をもって会社を経営している川田さんなら何か将来のことが見えているかもしれません。今後の展望をうかがってみました。

 

ちなみに川田さんは、今後の展望ってありますか?

 

正直まったくわからないですよね(笑) でも、確実に自粛疲れの時期はやってくると思います。今はまだ緊急事態宣言が解除されても営業を再開していないお店も多いですし外食を自粛している人も多いですが、必ずその反動がくるはずです。

 

確かにそれはそうですよね。早く飲みに行きたいですもん。

 

うちの津駅前の店では数年前にテラス席を作ったんですね。結局めんどくさくなって使ってなったんですけど、今年はそこを使ってビアテラスのようなものをやれたらいいなと思っています。

 

うわぁ、それ最高だ!外でビール飲みたい!!

 

もちろんそれまでにもっと収まってくれたらという話なんですけど。

 

もしビアテラスが実現できたらぜひ飲みに行かせてください!

 

ぜひぜひ。お待ちしています。

 

夏に外でビールが飲めるように、各自ができることをやろう

今回は、普段なかなか聞くことのできない、経営者の方からお話を伺うことができました。川田さんの場合はネット通販が好調なので、会社としては問題ないようでしたが、飲食店に限っては売り上げが9割9分減と、本当に壊滅的な状況のようです。

世の中の飲食店を経営しておられる方のほとんどは飲食店一本でしょうから、本当に苦しい状況なのだと思います。

また、営業自粛が解除されたからと言って、すぐに元通りの営業を再開できるわけでもないようです。そこは一人ひとりが衛生観念と寛大な心をもって、少しずつでも元の生活に戻れるように協力していくことが必要不可欠だと思います。

 

想像してみてください。

夏にビアガーデンやビアテラスに行きたくないですか?

 

そのためには、コロナウイルスのこれ以上の感染拡大を阻止すること。そして、飲食店をはじめとする様々な施設が営業を再開できる雰囲気をつくることが必要なのではないでしょうか。

もちろん命を守ることが一番大切です。しかし、飲食店などを経営している人たちや従業員の方々の生活を守ることもとても大切なことだと思います。過度な社会的制裁や、万が一コロナウイルスの感染が起ころうものなら徹底的に追い込むような雰囲気では、日常に戻ることはとても遠のいていくような気がします。

何の対策もしない。衛生管理はめちゃくちゃ。でも営業はしたい。ではいけないと思いますが、政府や専門家の指示に従った営業は当たり前のようにおこなえるような雰囲気へ少しずつ舵を切っていってもよいタイミングなのかもしれません。

関連記事

  1. 【検証】山手線で山手線ゲームをしてみた件

  2. 飲食店のような休業補償も受けられず、旅館のようにGo To の恩恵も受けづらい。京都のゲストハウスの苦悩

  3. 「ねぇねぇ、宇治で抹茶しない?」女子は抹茶好きって本当?検証してみた。

  4. 奈良公園の鹿って、なんで鹿せんべい売り場を襲わないの?もしかして忖度してるの?

  5. 『動物園は僕の夢だから……』アルバイト代に動物をもらっていた少年は今も少年の心のままだった。

  6. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから、とりあえず聞いてくれ

  7. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付いてしまった話 後編

  8. かやぶきの里 雪灯廊に行ったら70年に1度の異変が起きていた

  9. 【花粉対策】マスクの代用品には○○が一番?マスクの代わりになるものを探してきた!!(コロナに負けるな)

  10. 今、韓国旅行は安全なのか。2019年8月11日から韓国の釜山へ行ってきました

  11. 【徹底比較】黒潮市場VSとれとれ市場 和歌山観光で行くならどっち?

  12. 京都観光ならまずリニューアルされた”京都タワー”へ!子どもの頃行ったきりではもったいないぞ!

  13. ブリしゃぶが食べたくて石川県の金沢に行ってみたら、そこはお魚天国でした。

  14. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路で20種類の日本酒を飲んできた!

  15. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃうキャンペーンって赤字じゃないの?気になったので聞いてきた!

  1. 【酒類提供一切禁止】ソムリエ、業務酒販店、ワインコンサルティン…

    2021.06.10

  2. ワインってかっこいいから飲んでるんじゃないの?ワインの魅力や飲…

    2021.06.10

  3. 飲食店のような休業補償も受けられず、旅館のようにGo To の恩恵も…

    2021.05.19

  4. 私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決…

    2021.02.27

  5. 緊急事態宣言で夜のサービスエリアはどうなっている?

    2021.01.31

  6. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  7. マスクがなければ入場お断り?営業を再開したUSJが関西2府4県限定だ…

    2020.07.02

  8. 【敵は本能寺にあり】亀山城から本能寺まで実際に歩いてみた。

    2020.06.28

  9. 手をかざすと鈴の音がなる?緊急事態宣言が明けた京都の観光地を歩…

    2020.06.08

  10. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営…

    2020.05.18

  1. 私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決…

    2021.02.27

  2. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  3. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  4. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから…

    2019.08.19

  5. 諦めたことがある全ての人へ。沖縄県の米軍基地を現地取材してきま…

    2018.03.05

  6. 六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んで…

    2017.10.17

  7. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催し…

    2017.10.12

  8. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路…

    2017.10.05

  9. サラダパンの生まれ故郷『まるい食パン専門店はつるやパンの夢やっ…

    2017.09.15

  10. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付…

    2017.08.10