私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決めるまで〜

「あなたは動物が好きですか?じゃあ、どうしてその動物を殺して食べることができるのですか?」

最初に伝えておこう。

この記事は、とんでもなく長い。

私が書いた作品の中で比較しても、本の次に長い。

それはこの問題を取り上げるにあたり、一ヶ月以上にわたる密着取材を行なったのち、当事者と専門家にもインタビューを行い、それらを全て、ひとつの記事につめこんだからである。

(雨の日の取材)

興味のない部分は、飛ばしてもらっても構わない。

だけど私は、人間が多くの命を犠牲にしているとういう事実がある限り、どんなに面倒臭くても知るべきだという思いでこれを取り上げた。

ちょっと時間がかかるかもしれないけれど、もしもあなたが「肉」を食べたことがあるのなら、どうか最後まで読んで欲しい。

ーーー

まずは問いかけたい。

あなたは動物が、好きですか?

この質問を通してみなさんの頭に浮かんでくるのは、きっと一般的に「愛玩動物」つまりは「ペット」として共存のために改良され、人間とともに生活している動物たちではないだろうか?

私も含め、ペットを飼っているオーナーからすると、彼らは生活の中心と言っても良いほど、大切な存在だからである。

しかし、今回の記事に登場するのは、「牛」。

みなさんの頭に浮かんできた愛玩動物のことはさておき、今年は丑(うし)年。

スポットライトを当てたいのは、彼女たちである。


最初の問いで「動物が好き」だと答えたあなた。

犬や猫が好きなのは、安易に想像がつく。

は、「牛」はどうだろう。

突然言われてもぴんと来ないかもしれないが、記憶を辿って見てほしい。

普段はあまり触れることがなくても、動物園やふれあい牧場なんかに行くと大きな体とギャップのあるおっとりとした愛らしい瞳に見つめられて、可愛いなと感じた記憶のある人も多いのではないだろうか。

 

では、犬も好きで、牛も好きだ!と答えた人に別の質問を投げかけたい。

どうして犬は殺せないのに、牛は殺して食べることができるの?

ーーー

かくいう私も、仲の良い友人はみんなが頷く動物好きだった。

「動物が好きですか?」と聞かれたら、頭がもげるほどに頷くだろう。

そんな私が選択的無関心を決め込んでいた話題が、今回踏み込みたいテーマだ。

大雑把に言えば、私は気持ち悪かったのだ。

丑年特集で「牛さんは可愛い」と言って笑う女優が、次のカットにはその牛が刻まれたミンチで作ったハンバーグを食べていることが。

そしてそれと全く同じことをしながら、その矛盾に見て見ぬ振りを決め込んでいる自分自身が。

今回のテーマはとってもシンプル。

「あなたは動物が好きですか?じゃあ、どうしてその動物を殺して食べることができるのですか?」 である。

1

2 3 4 5 6

関連記事

  1. 洗脳研修!ゲイビデオ出演疑惑!新卒で入った会社を14日で退社してきた(前編)

  2. 新社会人に送りたい。無慈悲な社会で生き抜く為の『遊び心』

  3. ワインってかっこいいから飲んでるんじゃないの?ワインの魅力や飲み方を、ワイン初心者がイタリアワインのプロに教わってきた!

  4. オモロ川だいすけという路上ギャグ師に一日密着した話

  5. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『ロゴスランド(LOGOS LAND)』が最高すぎた!!

  6. 沖縄で一番治安の悪い場所を探してみた

  7. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営者が語るコロナショックの裏側

  8. 風俗で働くこと(前編)-風俗嬢がクソ客への怒りを込めながら打ったうどんはコシがあるのか-

  9. 石垣島のワークライフバランスが最高って本当?実際に住んでいる9人に聞いてみた!

  10. 『動物園は僕の夢だから……』アルバイト代に動物をもらっていた少年は今も少年の心のままだった。

  11. 舞妓さんは〇〇ってほんと?無茶なお願いを全部聞いてもらった話

  12. 【地方移住】田舎暮らしってどうなの?本音を現地の人たち10人に聞いてきた!

  13. 移住者が答える!沖縄移住に関する噂への真偽。冬は普通に寒いですよ

  14. 飲食店のような休業補償も受けられず、旅館のようにGo To の恩恵も受けづらい。京都のゲストハウスの苦悩

  15. 【まとめ】2017年のロカフレを振り返る