【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『ロゴスランド(LOGOS LAND)』が最高すぎた!!

テントの前でハンモックに揺られながら失礼します。ロカフレ編集部のダイソン後藤です。

突然ですが皆さんキャンプはお好きですか? 僕はキャンプ大好きです!

でも、キャンプに行こうと誘っても、断られることも多いんですよね。

  • 虫が多い
  • 夏は暑いし、春や秋は寒い
  • トイレ汚い
  • お風呂がない
  • 雨が降ったらどうするの?
  • ホテルの方が便利じゃん

 

ぴえん。

キャンプってそんな不便さも楽しむものだとは思うのですが、そういう不満があるのもわかります。付き合ったばかりのカップルとか、小さい子どもがいたりとか、キャンプをしたいけどハードルが高いってこともありますよね。

でも安心してください!!

そういったキャンプにまつわる不安要素のすべてを吹き飛ばしてくれる最高の施設が京都の城陽市にあるんです!!

それがLOGOS LAND

アウトドア好きなら誰しも一度はお世話になっているLOGOSさんが手掛けるアウトドアのテーマパークです。

今回はそんなLOGOS LANDのすばらしさをキャンプ好きはもちろん、キャンプに興味はあるけどキャンプ場に行くのは少し不安な方々に紹介していきます!!

 

ちなみにLOGOS LANDは、とにかくオシャレでかわいくて、インスタ映えするスポットもたくさんあるのですが、僕はオシャレというものを母親の胎内に置き忘れてきたので、その魅力を十分に伝えることができません。

 

そこで、今回はモデルのマドカさん(@mmadokama)に撮影協力してもらいました! う~ん、映える!!

 

というわけでさっそくいってみましょう!!

ENJOY OUTING!

 

屋内でキャンプができる!!

LOGOS LANDの一番の特徴は屋内でキャンプができるという点でしょう。屋内でキャンプというと、ロッジやバンガローをイメージするかもしれませんが、キャンプの醍醐味と言えばテントで眠ることではないでしょうか!

LOGOS LANDでは、屋内でテントに泊まれるらしいのです。

そんな噂を聞いてやってきたのですが、あらわれたのはマンションの廊下のような場所。あれ?テント泊って聞いたんだけどな……。

 

部屋の中にテントがある~!!!

 

この写真では少し伝わりにくいかもしれませんが、かなり広くて、すごく奥行きがあります!

 

広々とした談笑スペース

 

その奥に広がる大きなテント

 

この部屋で使用されているテントは3ルームタイプなのでそりゃ広い!

 

記事の冒頭で揺られていたハンモックのあるリビング部分もこれだけゆったりしていて

 

その奥の寝室部分は2人が手を広げても余裕がある

 

テントに寝袋で寝られるワクワク感はそのままに、室内なので冷暖房完備で快適です。もちろん雨が降ろうが風が吹こうがビクともしません。

大浴場も完備されているので、お風呂問題も解決です。

脱衣所のイスもLOGOSのアウトドアチェア

キャンプガチ勢からすれば物足りないかもしれませんが、キャンプ初心者への布教活動や、子どもを連れてのキャンプにはもってこいではないでしょうか。

ちなみに1泊朝食付きで大人1名8,500円です。安すぎる!!

 

LOGOSの商品であふれている

LOGOS LANDはその名の通り、アウトドアブランドのLOGOSが運営しています。ここで使われているテントはもちろん、イスやテーブルなどのアウトドア用品は全てLOGOSの製品です。この部屋にもLOGOSが溢れています。

テントはLOGOS

 

テーブルもLOGOS

 

ソファもLOGOS

 

タオルバスケットもLOGOS

 

ティッシュケースも

 

オシャレなハンガーも

 

照明だって

 

とにかくLOGOS!(ドヤァ)

ネットで適当に買った名もなき安物のアウトドアグッズとは違って座り心地、寝心地、安心感が違います!

キャンプ道具って、ぶっつけ本番なところがありませんか?

もちろんきちんと下調べをして買う人もおられますが、テントや寝袋、アウトドアチェアをネットで買っても自宅で一度組み立ててみることなく、キャンプ本番に持っていくっていう人も多いと思います。いざ使ってみたら思ったより狭かった、思ったより通気性が悪かった、思ったより座り心地が悪かった、なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

LOGOS LANDにはLOGOSのアウトドアグッズを販売しているショップも併設されており、実際に使ってみて気に入った商品をその場で購入するなんてこともできてしまいます。

アウトドア好きの方は、新しいグッズを買う際の下見としても良いかもしれません。

 

いろんなグループにとって最適の部屋がある

さて、先ほど紹介したお部屋はLOGOS LANDに2つある宿泊施設のうち、「プラムイン城陽」という建物内にあるお部屋です。

プラムイン城陽

先ほど紹介した通り、かなり広々としているので、ファミリーで利用しても十分なのですが、大人数のグループや、複数の家族で宿泊する際などは手狭になってしまいます。

実際のキャンプでは友人家族どうしでキャンプをするケースもありますよね。眠るテントは別々でも、同じ場所でBBQをしたり、外で遊んだり、同じ空間でキャンプをしますが、どうしても2部屋、3部屋と分かれてしまうと一緒にキャンプをしている感がなくなってしまいます。

そんなときはもう1つの施設「アイリスイン城陽」を利用してください。

ここLOGOS LANDは東京ドーム2つ分の敷地面積を誇っており、「プラムイン城陽」と「アイリスイン城陽」は徒歩で5分ほどの距離があります。

アイリスイン城陽

現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設に入る際はマスクの着用が必須です

 

最大16人が宿泊できる大人数用の部屋

さて、先ほどの「プラムイン城陽」のお部屋も素晴らしかったのですが、「アイリスイン城陽」のお部屋もまたすごいんです。

めちゃめちゃ広い~!!

広すぎて部屋の全貌が写真に写り切らなかったので、この部屋にあるテントを並べていきますね。

1つめ

 

2つめ

 

3つめ

 

4つめ

 

5つめ

1つの部屋の中に、子ども用の小さいものを含めると5つものテントが設置されています。最大宿泊人数はなんと16名

もちろんこの部屋にもハンモックが設置されています。

 

こんなの仲の良いファミリーで来たら絶対楽しいですよね。小さい子どもたちが「僕がこのテントで寝る!!」なんて言ってスヌーピーのテントが取り合いになって、結局1人で寝るのが寂しくなってみんなのいるテントにもぐっていく姿が目に浮かびます。

 

テーブルのスペースだってこんなに広いんです。大き目のテント4つに小さい子ども用のテント、ハンモックなんかを間隔をあけながら設置してもこれだけ広いスペースが取れるのですから、この部屋の広さも想像してもらえるかと思います。

余裕で寝転べる!気持ちいい!

これで1泊朝食付で1人7,500円です。価格設定あってる?

 

夕ご飯に少し早めのBBQをして、ゆっくりお風呂に入り、子どもたちが遊び疲れて眠ってから大人たちはここでお酒でも飲んだら最高じゃないですか!!

もちろん大学生とかのサークル旅行とかで使っても盛り上がること間違いありません!!

プライベートテラスがある部屋

他にも、やっぱり夜はテントより開放感のあるお部屋で寝たい、という方向けに『おうちでアウトドア』というタイプの部屋もあります。

子ども用の二段ベッドに

 

プライベートテラスを完備

周りの目を気にせずにBBQを楽しみたいという方にもおすすめです!

こちらも価格は安くて、部屋によって変わりますが、6,500円~8,500円です!!

 

もちろん「アイリスイン城陽」にも浴室があります!

「プラムイン城陽」の大浴場に比べると少し小さめですが、アイリスに宿泊した場合もプラムの大浴場を利用することもできるので安心してください!

 

日帰りでも十分楽しめる!

LOGOS LANDの魅力は宿泊だけではありません。日帰りでも十分楽しめるんです!

入場料がかからない

ます、入場料金等はかかりません。

なので、こんな感じでテントを張って、デイキャンプをするのは完全に無料!東京ドーム2つ分の敷地があるからできることですね。

 

遊び場が楽しい!

さらに、子どもが大興奮間違いなし遊び場も無料で使えます!

ふわふわドームというトランポリンは常に子どもが飛び跳ねている

 

奥に見えているアスレチックも最高に楽しそう!

他にも全長140mのローラースライダーなんかもあって、それも全部無料!!近所に住んでいるファミリーにとっては、本当に最高の施設なんじゃないでしょうか。僕が近くに住んでいたら毎日子どもを連れてくると思います。

 

本格的なアウトドア料理が楽しめるレストラン

「プラムイン城陽」内のレストランも、宿泊者だけでなく、誰でも利用することができます。

このレストランもおしゃれ

 

LOGOSのアウトドアグッズであるダッチオーブンやスキレット、ホットサンドパンなどを用いた本格的なアウトドア料理を味わうことができます。

 

テントでのんびりできるカフェ

レストランよりも気軽に楽しめるカフェもあります。

ここも普通のカフェではなく、LOGOS製のテントで飲食ができるんです。本当にどこも非日常で楽しい!!

 

カフェには、医療従事者への感謝を伝える手書きメッセージをかけるスペースがあります。

 

手ぶらで楽しめるBBQ

また、手ぶらでBBQを楽しむことだってできるんです!

ROSYセット(2,900円)

LOGOS LANDのBBQは基本的に場所代や機材、食材がすべてセットになっています!

ここは「プラムイン城陽」3階のBBQテラスなのですが、テーブルに座っていれば、食材が運ばれてきて、火起こしもすべてやってもらえます。なので、焼いて食べること以外にこっちがやることはありません!手ぶらで来て、フルサービスでBBQを楽しめるBBQ施設です。

 

LOGOSのオリジナルBBQソースが美味い

 

コンロに火をつけるのも全てやってもらえます。キャンプに行ってBBQをしようとすると、なかなか火がつかなくてグダグダしてしまうこともありますが、そんな心配はいりません。LOGOS LANDは本当にストレスフリー!

お肉もよくある薄い肉ではなく、固まりで出てくるので、食べ応えもあるし、写真映えします!

もちろん美味い!!

 

現在は長引く梅雨の関係で閉鎖中ですが、屋外のBBQエリアもあります!ここもカワイイ!

※8月5日現在はオープンしています。

 

モノからコトへ LOGOSの目指す世界

ここまで紹介して、LOGOS LANDの素晴らしさを感じていただけたかと思います。ただ、2018年の6月にオープンして約2年が経つのに、僕自身こんなに素敵な場所が京都にあったなんて知らなかったんですよね。

それに、なぜLOGOS LANDが城陽市にできたのか、まだまだ広大なこの土地は今後どのような展望があるのか、いろいろと疑問が湧いてきたので、インタビューしてみました。

LOGOS LAND副支配人 高橋さん

 

現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉鎖している「プラムイン城陽」2階のフリースペースで、十分に距離をとりながら、お話を伺いました。ちなみに平常時であればこのフリースペースは、誰でも遊べるスペースとして無料で開放されています。

モノの販売からコトの提供へ

今日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。さっそくなのですが、アウトドアブランドであるLOGOSさんが、なぜこのようなアウトドアのテーマパークを作られたのでしょうか?

 

LOGOSはずっとモノを販売していたのですが、コト(体験)を提供したいと考え、LOGOS LANDの計画が始まりました。

 

キャンプ人口を増やすためには、まずはキャンプの魅力を感じてもらいたいという思いから、モノの販売からコトの提供へシフトしたいと考え、LOGOS LANDをオープンさせたとのこと。たしかにキャンプって少し敷居が高くて、キャンプに興味を持っていても、なかなかキャンプ場まで足を踏み出せない人は多いと思います。

もともとは城陽市の施設?

ちなみにここは元々城陽市の施設だったと耳にしたのですが。

 

そうですね。ここは城陽市さん施設なのですが、この土地の指定管理者として現在はLOGOSが管理・運営しているという状況です。

 

京都に住んでいる方ならイメージができるかと思いますが、城陽市の南の方、平等院や抹茶で有名な宇治市の隣にあります。LOGOS LANDは最寄駅から車だと5分程度で着くほど市街地からのアクセスが良いですし、東京ドーム2つ分という広大な土地にたくさんの緑があります。

 

キャンプのきっかけだけでなく、ステップアップのサポートを

これからグランピングエリアも作られていくそうですが、その他にも今後の展望などがあればぜひお聞かせいただきたいです!

 

これはまだ確定ではないのですが、ゆくゆくはキャンプ場も作りたいと思いっています。この場所でキャンプ初心者の方に「キャンプ楽しい!」「またやってみたい!」と思っていただいた際に、うちはショップもありますし、さらにキャンプ場があって実際に初めてのキャンプまでサポートできればな、と。

 

キャンプをやってみたいけど踏み出せないという人たちにとって本当に理想の施設だ!

 

話を伺っていて、常に感じるのが「キャンプの楽しさを知ってもらいたい」「キャンプ人口を増やしたい」「キャンプ業界を盛り上げたい!」というLOGOSさんの思いです。だから今後の展望なんかを聞いても軸がまったくぶれません。

そんなLOGOSさんの思いが形になっているのがLOGOS LANDなんだと感じました。

それから、LOGOS LANDはまだこの城陽にしかないんですけど、今後もっと全国に増やせて行けたらな、と。

 

絶対増やすべき!全国のLOGOSファンはそれを願ってると思います。僕は京都に住んでてラッキーだったなぁ!

 

手ぶらで気軽にストレスなく

素敵なお話を聞かせていただいてありがとうございます!最後になにか伝えたいこととかありますか?

 

そうですね、LOGOS LANDの裏テーマというかコンセプトとして『手ぶらで 気軽に ストレスなく』というのがあるんですね。アウトドアということで比較的、密にもなりにくいですし、最近はストレスを感じてる方も多いと思うので、ぜひ自然を感じて少しでも癒されに来ていただければと。

 

確かに、僕も久しぶりにこんなに自然と触れ合えた気がします。この日はとても暑かったのですが、暑くなってきたらクーラーの効いている施設内に入って涼むこともできるし、ストレスは一切感じませんでした。開放感のある自然に包まれるとストレスも吹っ飛んでいく気がします。

今日は本当にありがとうございました!めちゃめちゃ最高の施設だったので、プライベートですぐに泊まりに来たいと思います!

 

ぜひともお待ちしております!

 

 

最後はLOGOS LANDポーズでパシャリ

 

この夏はLOGOS LANDに3回は泊まる予定です。ぜひ現地でお会いしましょう!!

 

 

(終わり)

関連記事

  1. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付いてしまった話 後編

  2. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃうキャンペーンって赤字じゃないの?気になったので聞いてきた!

  3. 3人がお互いを尾行しあったらどうなる?検証してみた。

  4. [京都]座りながらお花見を楽しめる場所3選

  5. 馬券の買い方も知らない競馬未経験者が行く菊花賞!~競馬場の歩き方 初心者編~

  6. スキー・スノーボード初心者(23)が余呉高原リゾートヤップに行ってみて分かった9のこと

  7. 写真好き必見!『京都国際写真祭』が素敵過ぎたので紹介したい

  8. 大の大人が京都の『太秦映画村』を本気で楽しんできた

  9. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催した結果

  10. 【徹底比較】黒潮市場VSとれとれ市場 和歌山観光で行くならどっち?

  11. 缶詰バーって知ってる?300種類以上の缶詰を楽しめるmr.kansoに行ったらワクワクが止まらなかった。

  12. 旅の終わりに。お詫びと訂正、そして圧倒的感謝……

  13. 「ねぇねぇ、宇治で抹茶しない?」女子は抹茶好きって本当?検証してみた。

  14. [ダイソン後藤VSやましゅー]ご当地名物早食い対決in道の駅 #3びわ湖大橋米プラザ

  15. むらむらしてる?京都府で唯一の村。「お茶の京都 みなみやましろ村」には村が詰まっていた。

  1. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  2. マスクがなければ入場お断り?営業を再開したUSJが関西2府4県限定だ…

    2020.07.02

  3. 【敵は本能寺にあり】亀山城から本能寺まで実際に歩いてみた。

    2020.06.28

  4. 手をかざすと鈴の音がなる?緊急事態宣言が明けた京都の観光地を歩…

    2020.06.08

  5. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営…

    2020.05.18

  6. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  7. 突然の全国一斉臨時休校に現場の教員はどう思っている?現役教員11…

    2020.03.28

  8. 【ジブリ飯】千と千尋のお父さんが食べていたアレを求めて神戸の南…

    2020.03.03

  9. 【花粉対策】マスクの代用品には○○が一番?マスクの代わりになるも…

    2020.02.10

  10. かやぶきの里 雪灯廊に行ったら70年に1度の異変が起きていた

    2020.02.01

  1. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  2. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから…

    2019.08.19

  3. 諦めたことがある全ての人へ。沖縄県の米軍基地を現地取材してきま…

    2018.03.05

  4. 六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んで…

    2017.10.17

  5. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催し…

    2017.10.12

  6. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路…

    2017.10.05

  7. サラダパンの生まれ故郷『まるい食パン専門店はつるやパンの夢やっ…

    2017.09.15

  8. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付…

    2017.08.10

  9. 江ノ島観光で癒されろ!とりあえず東京でがんばるあなたへ、最強の…

    2017.07.25

  10. 昆虫食が人類の未来を救う?実食したら少し世界が広がった話

    2017.06.20