風俗で働くこと(後編)-「過去」を背負う、覚悟をしろ-


前編はこちら

風俗で働くこと(前編)-風俗嬢がクソ客への怒りを込めながら打ったうどんはコシがあるのか-

 

 

「なんで風俗で働いているんですか?」

 

粉まみれの年下男に疑問を投げつけられた私は、突然、現実世界に引き戻されたような感覚に苛まれた。

なんてったって目の前の彼は粉まみれであるし、視線の端っこにある鍋の中には、手打ちうどんがグラグラと茹でられ続けている。

こんな質問、こんな状況でぶつけられるなんて、全くもって理解しがたい。

 

でも、粉ごしに見える彼の目は真剣そのもので、ふざけている様子など微塵もない。全くもって、理解不能である。

yuzuka:コイツイカれてる!!!!!!!!)

 

 

さて、後半は私が筆を取ろうと思う。

申し遅れたが、私が元看護師で現役風俗嬢の肩書きを持ち、尚且つ多方面でコラムニストを名乗っている、なんとも胡散臭いライター「yuzuka」である。

 

 

 

 

前田:そもそも、どうして風俗を始めたんですか?

 

 

 

yuzuka:お金です。母の借金を、肩代わりしました。今時こんな話ってあるんだって笑っちゃいますよね。複雑な事情はいろいろと絡んでいますが、最初のきっかけは、ソレです。

 

 

前田:看護師として働くだけでは、返せない額の借金ということですか。

 

 

yuzuka:いえ、違います。法的な手続きは踏んでいますから、月々の返済額は、そこまで大きくありません。『普通のお仕事』で、返せないわけではないんです。むしろ高級店にいた頃は、一日10万円くらいは稼いでいましたから、真面目に働いていれば数ヶ月で返済完了していたはずです。

 

 

前田:では、どうして今も、風俗嬢を続けているんですか?ますます、謎が深まります。

 

yuzuka:楽、だったんです。

 

 

前田:楽?あれだけクソ客に乳首をこねくりまわされて、うどんに刃物を突き刺すほどにイライラしているのに、楽なんですか?

 

 

yuzuka:前田さん。風俗嬢になって、一番怖いことって、なんだと思いますか?

 

 

前田:怖いこと。病気とかでしょうか?

 

 

yuzuka:違います。辞められなくなることです。

 

 

前田:イミガワカリマセン

 

 

yuzuka:私、パッと稼いで、サクっと返して、すぐに辞めるつもりだったんです。それが最近、『どのくらいその業界にいるの?』って聞かれて、思い出してみたんですよね。結局通算、5でした。

 

 

前田:長いですね

 

 

yuzuka:最初は看護師と掛け持ちで、週に一度出れば良い方でした。それがどんどん、風俗へ比重が傾いていった。だんだん、看護師として働いている時間がバカらしく思えてくるんです。時給に換算したら、10倍は違いますからね。そのうえ、遅刻し放題、欠勤し放題、お昼寝し放題。責任感も微塵もありませんでしたから、看護師なんかよりも、遥かに楽でした。なんにも考えなくてよかった。その魅力にズルズルと足をひきづられ、気づけば、看護師を辞めていました。

 

 

前田:辞められなくなるって、意外です。僕は逆に、風俗って『いつでも辞められる仕事』だと思っていました。

 

yuzuka:みんな、そう思うんです。いつでも抜けられる。だけど、あと少しだけ楽をしたい、稼ぎたい。そうして、普通の感覚が蝕まれていく。実際、『風俗嬢の出戻り率』は、異常に高いです。

 

 

前田:辞めても戻ってくる、ということですか?

 

yuzuka:そうです。卒業とは名ばかりで、しばらくすると源氏名を変え、店を変え、ほとんどみんな、戻ってきます。

インターネットで6万円の商品を、所持金なしで代引き購入するようになれば、もう戻れません。『明日我慢すれば稼げるし』って感覚になっているんです。手元になくても、明日には多額の現金が手に入る。そんな考えになれば、金銭感覚も滅茶苦茶になります。

こうなると、ギャンブルやドラッグと同じです。『抜けたくても抜けられない』地獄の始まり。普通の生活に、戻れなくなるんです。

 

 

前田:結局、5年間働いて、借金は返せたんですか?

 

 

yuzuka:返せていません。

 

 

前田:一日10万円も稼いでいたのに……一体、何に使ったんでしょう?

 

 

yuzuka:記憶がありません。風俗嬢を始めてから金銭感覚が狂った私は、ストレスの捌け口を、散財に向けるようになりました。

といっても、ホストにもギャンブルにもブランド品にも興味はありません。その代わり、毎日の消費を、なりふり構わず行います。

出勤後のコンビニで、心に何かを詰め込むように、カゴいっぱいに買い物する。いらないものばかりです。だけど、手元にあるだけお金を使う。使うことで、ストレスが消えていく。これを、前述したホストやギャンブルにつぎ込む女の子も、かなり多いです。結局、稼いでも使ってしまえば手持ちのお金がなくなりますから、また出勤する。無限ループです。

 

 

前田:結構クズですね

 

 

yuzuka:ウドンとともに茹でられたいですか?

・・・

 

 

前田:ちょ、ちょっと待ってください。今の話を統合したら、yuzukaさんにとって風俗で働くことって、楽なんですよね?

楽ができて、お金も稼げる。それなら、『風俗で働くこと』って、実はそんなに悪いことではないのでしょうか?

 

 

yuzuka:

 

 

前田:もしもyuzukaさんの読者が、風俗で働かなくてはお金がなくて、借金をするしかないのだという相談を投げかけてきたら、なんて答えますか?

 

 

yuzuka:借金しろ、と言います。

 

 

前田:楽で、少し我慢すればお金が稼げて、金銭問題も解決できるのに、ですか?

 

 

yuzuka:借金は返せば跡形もなくなります。でも、風俗で得た記憶、感覚、過去は、一生消えません。『辞められなくなること』が怖いことだと言いましたが、実は本当に苦しむのは、『風俗を辞めて、幸せになろうとした時』です。

 

 

前田:風俗を辞めてから、苦しむ。一体、どういうことでしょう?

 

 

yuzuka:私、今幸せなんですよね。全ての過去を知った最高のパートナーにも恵まれて。

 

 

前田:えーなになに!突然のノロケですかぁー?

 

 

 

yuzuka:幸せなら良いじゃないって思うでしょう。でもね、思えないんですよ。私は風俗の仕事をして、『結婚』や『出産』に対する夢を失いました。

『男』への憧れも消えた。どんなに素敵なパートナーが隣にいても、私が相手をした何百人の『クソ客』たちの記憶は、消えない。結婚指輪をつけている男に身体中を舐められたり、プレイが終わったあと、裸で腕枕をされながら、愛妻や愛娘の待ち受けを見せられたことが、脳裏に焼き付いているんです。

『男なんて』という気持ちは、おそらくどれだけ時間をかけても、拭うことができないでしょう。

 

 

前田:男性不信、ですか。

 

 

yuzuka:それ以外にも、常に自分を卑下してしまいます。『風俗で働いていた私が、こんな人と釣り合うわけがない』って、思うんです。相手が理解してくれていても、同じです。私のパートナーは全ての事情を知っていますが、その事情を、彼の親友に話したらしいんですよね。その時の反応って、どんなだったか予想できますか?

 

 

前田:分かりません

 

 

yuzuka:騙されているに決まっている』です。相手が風俗嬢だというだけで、それ以外の全ての経歴や言葉は、うさん臭くなります。彼まで『風俗嬢に騙された男』としてのレッテルを貼られる。『全てを理解して欲しい』なんて、全くの綺麗事です。あの時、頭からカミナリが落ちたような感覚に襲われました。その時、初めて思ったんです。『過去を消したい、なかったことにしたい』って。

 

 

前田:そうですか。なんだか、胸が苦しくなりました。

そういえば、過去に『風俗で働いていること』を言っていない彼氏がいたって言いましたよね?仕事とはいえ、相手の知らないところで他の男に抱かれる。罪悪感はなかったんですか?

 

 

 

yuzuka:ありました。でも、『風俗嬢であった事実』は、本当は、永遠に隠すべきだと思っています。確かに言えば、言った側は楽になります。罪悪感は薄れるかもしれません。私のことが好きな相手であれば『それでも良い』と、愛し続けてくれるかもしれません。

 

 

前田:それでも、嘘をつくべきですか?

 

 

yuzuka:さっきも言った通り、事実を話すということは、相手にも『過去』を背負わせる。ということになります。

パートナーが過去に風俗嬢をしていたという事実は、相手の人生にも付着します。心に沈殿します。理解しろなんて、酷なんです。

周囲に言わなければ良いのかもしれません。でもそれって、相手にも嘘をつかせることになる。そんな権限、ありますか?そんなことをさせてまで、一緒にいさせたくありません。

巷にはそんなややこしい事情なんて一切ない、キラキラとした可愛い女の子がウジャウジャいるというのに。私は、こんな『事実』に、誰かを巻き込みたくないんです。

だから、1人で背負っていく。

それがせめてもの、相手への『優しさ』だと思っています。

 

 

前田:一度風俗嬢をしたというだけで、男性嫌悪が加速し、自分に自信がなくなり、そのうえ、『一生嘘をつき続ける』という責任を背負う。いくらお金が稼げるとしても、ちょっとリスクが高すぎる気がしてきました。

 

 

yuzuka:『責任』といえば前田さん、あの鍋で茹でられているウドン、かなり煮え過ぎていると思うんですけど、誰が責任を持って処理するのでしょうか

 

 

前田:忘れてた!

 

 

yuzuka:そんだけ粉まみれで忘れるって、ある意味すごいな、おい。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

前田:さて。想像の何倍も重たい話を聞いたので、既に胸焼けしているんですけど、ウドンが完成しました!!!!

 

yuzuka:(着替えてる…)私がクソ客への恨みを込めて、踏んだり蹴ったりして作ったウドンですね。

 

 

前田:食欲がなくなるので辞めてもらえますか。

 

yuzuka:

 

 

前田:yuzukaさん。ウドンを食べる前に、今日最後の質問をしても良いですか?

 

 

yuzuka:どうぞ

 

 

前田:風俗で働くことについて、どう思いますか?

 

 

yuzuka:死ぬか風俗するか。その二択まで追い込まれたら、面接に行けば良いと思います。命に比べれば、過去を背負うなんて容易い。

だけど、『なんとなくお金が欲しい』とか『楽そうだ』とか、そういう気持ちでは、絶対踏みこんではいけない場所です。

良いですか?過去は消えません。『風俗で働いた』という記憶は、例えたった1日だとしても。一生、あなたの記憶に居座り続け、ジワジワと心を蝕みます。『迷うなら、働かないで』これが、全てです。

 

 

前田:いただきます!

 

 

yuzuka:(イカれてる

 

 

!!!!

 

 

 

 

yuzuka:どう?

 

 

前田:予想以上に歯ごたえがあって驚いています。

確かにおいしいとも思いますが、やっぱり普通のがいいです。

それにしても意外と楽にできるんですね。

まあ、大変なのはこの後片付けですが。

 

 

街中で配られるポケットティッシュ、楽しそうでカラフルな求人サイト、駅の看板。いたるところに張り巡らされている、「風俗」への入り口。

「すぐに辞めるから」「この事情を解決するためだけだから」そんな事情で「風俗で働く」という選択をしてしまったら。何かあるごとに、その選択肢が、頭に浮かんでくるようになる。心に落ちた一滴の雫は、みるみるうちに、あなたの心の色を変えてしまう。一度染まってしまった色は、なかなか取り払うことができない。

「働くな」とは言わない。だけど、覚悟はして欲しい。あなたの一度の選択が、あなた自身を、あなたの大切な人を、一生苦しめるかもしれないから。

 

 

 

ジャンプ力に定評のある前田 Twitter→(@jumpmaeda

yuzuka Twitter→(@yuzuka_tecpizza ‏)