ブリしゃぶが食べたくて石川県の金沢に行ってみたら、そこはお魚天国でした。


ブリしゃぶが!!!

 

ブリしゃぶが食べたい!!!!

 

 

こんにちは、ロカフレ編集部のダイソン後藤です。

最近寒いですよね。朝は布団が僕を離してくれないので、仕方なく昼になってから起きる毎日を過ごしているのですが、僕は寒いのは嫌いだけど、冬は好きなんです。

冬はイベントも多いし、年末年始は色んな人に会えるし、何より魚が美味しい!!

 

その中でも特に美味しいのは、寒ブリ!
寒ブリが食べたいぃぃぃ!!!

 

寒ブリと言えば富山県の氷見(ひみ)市が有名ですが、氷見に行くには車が無いと不便だし、冬真っ盛りのこの時期に北陸で車を運転したくないので、氷見は諦めました。

でも、氷見港で獲れた寒ブリが石川県の金沢市にはジャンジャン届いているので、金沢に来れば美味しい寒ブリが食べられるはず!!

 

というわけで石川県は金沢市にやってきました。

 

金沢観光1日目

ブリしゃぶが食べたくて金沢にやってきましたが、金沢は1泊2日で観光するのにベスト過ぎる場所でした!

色々回ってきたので、さっそく紹介していきたいと思います!

 

近江町市場

まず最初にやってきたのは、金沢の台所とも言われる近江町市場です。

ネットとかを見てると「近江町市場は地元民からすると割高感がある。」という意見も見かけました。

ただ、僕は旅行で行く分には多少割高でもいいから、そこでしか味わえない雰囲気を味わいたい派です。
たとえば地元民がオススメする、「ちょっと美味しい生姜焼き定食が400円で食べられる食堂」とかは、地元にあったらめちゃめちゃ嬉しいし通うんだろうけど、旅行では行かないと思う。

 

そんな僕の意見としては、行く価値大いにアリです。

市場内に入ると磯の香りが漂ってて、こんな感じでカキとかウニとかエビとかをその場で買って食べられるんですよ。

 

うん、最高!

 

ウニを片手に飲み歩き。幸福を感じる。

 

ただこの日は寒すぎた。あまりにも寒すぎてビールを飲めば飲むほど凍えていくので、お店にも入りました。

 

僕が入ったのは『じもの亭』ってとこです。海鮮丼が2000円ちょっとだったと思います。
海鮮丼のお店は何軒もある中、寒すぎてパッと目の前にある店に入ったんだけど、すっごくボリューミーで美味しかったです! 刺身が分厚いのなんのって、ウニといくらに、中トロも入ってこの値段。

 

カニとかもあちこちで売ってて、通りがかりに話を聞いてるとビックリするくらい値引きしてるお店があったりしたので、観光客向けに元が高く設定してるのかな……。ってのは思いました。

でも市場をグルっと一回りして、自分の納得した値段で買ったら文句はないような気がします。

雰囲気込みで楽しい場所でした!!

 

雰囲気:☆☆☆☆☆
コスパ:☆☆☆
滞在時間:1時間半
使用金額:約4,000円/1人(カキ600円、ウニ600円、ビール400円、海鮮丼2200円)

 

兼六園

次は兼六園に行ってみました。日本三名園の一つで、金沢の観光スポットは?と聞かれると一番に出てきそうなのが兼六園ですね。

実は僕は庭園とか、寺社仏閣とか、あんまり興味ないんです。

鯉はかわいい。

 

一応京都出身なんですけど、清水寺とか金閣寺は1回しか行ったことないし、銀閣寺には行ったことありません。
旅行でも、一緒に行く人が行きたがっていたら合わせますけど、自分から行こうとは言いません。

 

 

とは言っても観光記事なので一応やってきました。(この前田利家像は兼六園のすぐ側にあったやつです。)

 

そんな気持ちで来てみると、意外や意外、けっこう長居しちゃいました!

雪化粧をしているからかもしれませんが、ただ歩いているだけで気持ち良いし、なんか楽しい。

 

 

日本最古の噴水

 

なんかちょっと絵に……なってないか。

 

ちなみにこの木から伸びてる傘みたいなやつは『雪吊り』といって、雪の重りに耐えるために木を支えるためのもので、冬の間しか見られません。

 

1時間ほど庭園を散策した後、また寒くなってきたので茶店に入ることに。

 

桂坂口の近くに茶店(ちゃみせ)通りと言って、お茶屋さんが並んでいるので城山亭さんに入ってみました。

 

抹茶とあんころ餅のセット(600円)を注文

 

はぁ……あったまる……。

 

ストーブの真横に座らせてもらって最高に温まりました。

ちなみに海鮮丼でお腹が膨れていたので注文しませんでしたが、こちらでは石川名物の治部煮(じぶに)が食べられます。

 

雪との相性:☆☆☆☆☆
絵になる度:☆☆☆☆
滞在時間:1時間20分
使用金額:1,100円/1人(入園料500円、抹茶とあんころ餅600円)

 

 

金沢21世紀美術館

最近の金沢の観光スポットと言えば21世紀美術館ですよね。
2004年にオープンしたそうですが、ここ2年くらいで一気に名前を見聞きするようになった印象があります。

 

 

金沢21世紀美術館も行ったには行ったのですが……

ごめんなさい!!

実は金沢21世紀美術館は無料でも見られるゾーンがけっこうあるのですが、時間的にそれすらもちょっと回る時間がとれなかった……。

 

SNSとかでよく見かけるこのプールも上から見る分には無料でいけます!(下にまわるのは有料)

 

兼六園から徒歩5~10分程度(出入口による)なので、兼六園とセットでちらっと寄ってみてください!
無料ゾーンを見て、お金を払うか決めるのもアリだと思います!

 

滞在時間:10分
使用金額:0円(有料ゾーンは一般1,000円、小中学生400円)

 

 

ターバンカレー

少し遅めの昼食としてやってきたのがターバンカレー。
The街のカレー屋さん。という外観ですが、金沢カレーの聖地的な店らしいです。

あ、金沢カレーってのは、銀色のステンレス皿にのってるやつですね。キャベツの千切りが付け合わせに盛られているのも特徴で、ゴーゴーカレーとかが有名ですよね。

ちなみにゴーゴーカレーの創業者はこのターバンカレーで修行したそうです。姉妹店なんだって!

 

有名店だけあって行列ができてて、14時過ぎに着いたんですけど40分くらい並びました。

 

ロースカツ、ウインナー、ハンバーグがトッピングされたLセットの大盛り(980円)を注文。

めちゃめちゃ量がある!!

 

これよりさらに大盛りの特盛(1080円)もあります。調子に乗って頼まなくてよかった~。

美味しかったのでペロッと食べました。

 

店内にはいたるところに有名人のサイン色紙が飾ってあって、一番正面には石川県の星稜高校出身のゴジラ松井のサインが!高校時代によく通ってたんだって。(ちなみにゴーゴーカレーの由来も、松井選手の背番号55から来てるらしい。)

 

ただ、安くて美味しいんだけど、40分並んで食べたいかって聞かれると、う~ん……って感じです。
でも店を出るころには行列は全くなくなってたので、タイミングがあえばオススメ!!

 

行列度:☆☆☆☆
満腹度:☆☆☆☆☆
滞在時間:1時間(待ち時間40分、食事時間20分)
使用金額:980円/1人

 

 

片町で飲み歩き

一日目の夜は、金沢市に住んでいる友人に案内してもらって金沢市の中心街、片町で飲み歩きを。

一軒目はいずみ野。
夫婦でやっておられるお店で、注文しなくてもお任せで色々と食べさせてくれます。

 

やっぱりお造りは美味しい!

そして一番心に残ったのが、ワカメのしゃぶしゃぶ。
ブリしゃぶが食べたくて金沢に来たのに、この日はブリはしゃぶしゃぶせずに、ワカメをしゃぶしゃぶしました。

 

新鮮なワカメって、しゃぶしゃぶで食べるとめちゃめちゃ美味しいんですね!

コリコリとした歯ごたえがあって、口に入れると磯の香りがふわっと広がるんです。福島県の三陸沖で獲れた本場のワカメ、美味しかったなぁ……。

 

その後もBarとか色々連れてってもらいましたが、写真が一枚もありませんでした(笑)

それだけ片町の夜が楽しかったということで!

 

ワカメの美味さ:☆☆☆☆☆
写真を撮る余裕:☆
滞在時間:約4時間(あんまり覚えてない。)
使用金額:1~2万円/1人(あんまり覚えてない。)

 

 

金沢観光2日目

昨日の夜はちゃんとレポートできなくてすみません。あと昼前まで寝てしまったので昼食からです。ほんとすみません。

ブリしゃぶが食べたくて来たのにまだ食べられていませんが、2日目の本日はきっちりブリしゃぶを食べますよー!!

 

もりもり寿司

 

せっかくなのでお寿司を食べたいと、地元の友だちに聞くと、「回転寿司で十分美味しいよ!!」とのことだったので、石川県を中心にチェーン展開している『もりもり寿司』さんにやってきました!

ちなみに『もりもり寿司』か『まいもん寿司』の2つを勧められ、距離的に一番近かったのが『もりもり寿司 近江町店』でした。

 

ブリ三点盛(380円)

 

中トロ(470円)

 

めちゃくそ美味い。

 

確かに普段行ってる1皿100円の回転寿司とは全然違う!
そりゃ値段も違うんだけど、回らないお寿司に比べればリーズナブルだし、この満足感は確かに回転寿司で十分!

そういや北海道に行った時も回転寿司の美味しさに感動したなぁ……。

 

あ、距離が近かったので近江町店に来たのですが、めちゃめちゃ並びました。

 

安さ:☆☆☆
満足度:☆☆☆☆☆
滞在時間:2時間(待ち時間1時間半、食事時間30分)
使用金額:約3500円/1人(アルコール無し)

 

 

にし茶屋街

 

にし茶屋街と言うのは、ひがし茶屋街、主計町(かずえまち)茶屋街とならんで、金沢三大茶屋街の一つです。

で、ネットで「にし茶屋街」について調べていると、こんなことが書いてありました。ひがし茶屋街が混雑するのに対して、にし茶屋街は観光客も多くなく静かなので、ゆったり散策したい方におすすめです。

ふむふむ、なるほどね。

 

うん。確かに人が少なくて、ゆっくり散策はできそう!
……なのですが、茶屋街らしいのはこの1本の通りだけです。正直思ってたのとちょっと違った。

入れるお茶屋さんも3~4軒です。

 

せっかく来たのでお土産に落雁(砂糖のお菓子)を購入。

 

落雁のお店も良かったし、確かに人が少ない分写真とかは撮りやすいのですが、正直、観光感はあまりありませんでした。

賑わってる感じを楽しみたい方は、素直に『ひがし茶屋街』に行った方がよさそうです。

 

 

規模感:☆☆
写真の撮りやすさ:☆☆☆☆☆
滞在時間:30分
使用金額:486円(お土産の落雁)

 

 

忍者寺こと妙立寺

僕が今回、『ひがし茶屋街』ではなく『にし茶屋街』に来たのには理由があって、『にし茶屋街』について書いていたネット記事の中に、周辺スポットとして忍者寺として知られる妙立寺があったからです。

 

にし茶屋街のすぐ近くにある妙立寺は、忍者寺として有名。とはいっても忍者がいたわけではなく、敵を巻くための仕掛けがたくさんあるというのが由来だとか。江戸時代、徳川幕府の監視下に置かれた加賀藩主が、自らを守るために寺町の寺院に仕掛けを作ったといわれます。※忍者寺は、完全予約制ですのでご注意ください。

とのこと。

完全予約制で、拝観料1,000円という少し強気な価格設定。調べてみてもこれ以上あまり詳細が載っていなくて、「なんか忍者の仕掛けが楽しめるのかなー。」なんて考えていました。

 

行ってみた結果を伝えると、アトラクション的な物は全くありません。

カップルとかでワイワイキャピキャピするような場所ではなく、本当にお寺をぐるっと拝観するだけです。

 

館内は完全撮影禁止

 

正直思っていたのと違ったし、最初に5分間くらい寺の成り立ちについて音声が流れ始めた時には「ミスったな。」って思いました。

でも、いざ回ってみるとけっこう面白いんです、これが。

説明も丁寧だし、当時の裏話とか、こういう仕掛けがある理由とか、意外と楽しめました。funnyではなくinterestingと言うのでしょうか、そういう面白さがありました。

結果的に僕は来てよかったな、って思いました。

でも本当に寺の紹介をされるだけなので、そこは理解して予約してください。

(色々と勝手なことを言いましたが、お寺は全く悪くありません。予約時に「うちは忍者とは関係ありませんよ?」と言われています。でも、相手が忍者だと思っていたので、「お、これが最初の試練的なのかな?」と思ってそのまま予約しました。)

 

悪い意味で期待を裏切られた度:☆☆☆☆
さらに良い意味で期待を裏切られた度:☆☆☆☆
滞在時間:40分(1周40分かかります。)
使用金額:1,000円/1人

 

 

 

川端鮮魚店

さて、タイトルに『ブリしゃぶが食べたくて』と書いてあるのにここまでズルズルとブリしゃぶを食べずに来たのには理由があります。

金沢でブリしゃぶを食べたいと友人に伝えたところ、川端鮮魚店さんを勧められたのですが、日曜が定休日だったのです!(祝日を利用して日→月で金沢観光に来ています。)

なので、月曜の最後にブリしゃぶが回ってきたというわけです。

 

 

が、この日は店が開かない!!

 

マジかよ!!と思いましたが、徒歩5分ほどの位置にある本店に案内されました。

 

川端鮮魚店 本店

 

ここがもうお魚天国でした!!
どれを注文しても美味いのなんのって!!!

 

カキポン酢

 

白子入り茶わん蒸し

 

白子の揚げだし

 

のどぐろの刺身

 

もうね、本当に美味しいの!!

 

 

とくにのどぐろは、2,000円したけど完全に頼む価値ありまくり!
刺身の数が奇数だったので、最後の一切れを巡ってケンカになりかけました。

 

また日本酒がなみなみと注がれる。

 

そして本日のメインディッシュ『ブリしゃぶ』!!!!

めちゃめちゃ贅沢なんですけど、鍋いっぱいに日本酒が注がれます。

そしてそこに火をつけると……

 

もうガンガン燃える!!

 

焦って動画を撮ったのですが、そんなに焦る必要はありません。1分以上燃え続けます。

そしてアルコールが完全に飛んで、自然と火が消えるとそれが食べごろ。

 

 

 

……金沢まで来てよかった。

 

そう思いました。

 

ちなみにブリしゃぶは2人前くらい入ってて1,900円でした。安い!

なんやかんや2人で12,000円分くらい飲み食いしたんですけど、お腹いっぱいになるのがもったいないくらい、まだまだ食べたかったです。

また冬になったらここに来たいなぁ……。

 

満足度:☆☆☆☆☆
また来たい度::☆☆☆☆☆
滞在時間:1時間半
使用金額:約6,000円/1人

 

 

こうして大満足でサンダーバードに乗り込み、京都へ帰りました。

 

 

金沢が1泊2日に最適な理由

さて、最高の1泊2日を過ごしたわけですが、金沢って、1泊2日に最適だと思うんですよね。

その理由を説明したいと思います。

 

観光スポットが多いけど、固まっている

金沢って、観光スポットがかなり多いんですよね。

1日ではまず回り切れない!
もっと言うと2日でも足りないくらいあるんですけど、観光地がギュッと固まっているので、2日あれば意外と回れちゃうんですよね。

 

どれだけ観光地が固まっているかと言うと、

 

まず石川県がこんな感じ

 

日本の地図をかくときにピッと飛び出させる場所ですね。
その中で、今回の旅行で立ち寄ったのは青で囲ったこの部分だけなんです。

 

せまっ!!

 

たったこれだけの範囲で、1泊2日を満喫しきったわけです。この青い円の範囲を拡大するとこんな感じ。

 

 

やっぱり観光地がギュウギュウに詰まっていて、車が無い人、もしくは冬場で車を運転したくない人にとってはめちゃめちゃ便利なんです。

 

金沢周遊バスが便利すぎる!

 

ただ、それでも歩くにしては距離がある! となると本当に2日で回り切れるの?と不安になりますが、そんな心配もこれさえあれば一気に解決です。

 

 

金沢周遊バスというのが運行していて、山手線みたいに右回りと左回りで金沢の観光スポットをグルグル回っています。

 

この区間内ならどこでも200円均一だし、500円払って1日フリー乗車券を買えば、何度でも乗り降りできます。

これがめちゃめちゃ便利!!

金沢駅で購入することができるので、金沢についたら一番にこれを購入することをおすすめします!!

※ただ、18時台で最終バスなので、泊まる場所と夕食を食べる場所を上手いこと調整して下さい。

 

まとめ

お魚がとことん美味しい金沢は、

・観光地が多いけど、ぎゅっと固まっている。

・金沢周遊パスが便利すぎる。

ので、1泊2日に最適!

 

いまならまだブリしゃぶやのどぐろも美味しい時期なので、今週の土日を使って金沢へ行ってみてはいかがでしょうか?

 

(おわり)