Webライターなら太秦映画村のお化け屋敷で正しく情景を実況できるのか #幽霊の日


太秦映画村全体を楽しんでいる記事はこちら↓

大の大人が京都の『太秦映画村』を本気で楽しんできた

 

この記事を掲載しているこのメディアの名前はロカフレです。

『ローカル』と写真の『フレーム』を組み合わせた造語らしいです。

写真を通して地域の魅力を伝えるのがコンセプトっぽいんですがライターの僕はこう思います。

 

写真は逃げだと。

 

写真なんか使わずとも言葉だけ情景は伝わるのです。

 

また、疑問なのが

このロカフレ、取材中にカメラのバッテリー切れたりしたらどうするんでしょうか。

写真に頼れない場面ではどうするつもりなんでしょうか。

 

ということで今回はあえて取材現場を写真に頼らずお伝えします。

 

 

という企画なんですがどうですか?編集長!

 

 

最悪だな

 

 

では突然ですが言葉だけでこの情景を説明してください

 

 

 

え..

 

 

よーいスタート

 

 

すごい昔ながらの町家が広がってますね。しかも街灯?昔ながらの街灯がすごいいい雰囲気ですねー。そしてあの暖簾。あの家紋がついていて今では見れないすごい情景ですよね。

 

 

 

編集長とは思えない日本語力。

 

 

今、思い知らされました。

 

 

そういえば僕達がどこいるのか書くのを忘れていました。

 

 

京都の太秦映画村に来ています。

 

なんでまたここに…

 

 

太秦映画村で単純に遊びたかったというのもあるんですが、やっぱりお化け屋敷があるからです。お化け屋敷なら僕の実力も示せるかなと思って。

 

 

 

皆さんは京都・東映太秦映画村にあるお化け屋敷に行ったことはありますか?

 

聞くところによると、

 

  • 東映の俳優さんが霊を演じていること
  • 東映のリアルなセットと映画の演出技術が詰まっていること

 

これらの要素によってめちゃくちゃ怖いらしいんです。

【怖いお化け屋敷ランキング】のような記事でも必ずランクインしているお化け屋敷です。

 

このお化け屋敷の中の様子をライターである僕が写真を用いずに皆様にお伝えします。

【映画村 お化け屋敷 ネタバレ】で検索してこの記事を開いた方は喜んでください。

僕が正確にお化け屋敷内部の様子を実況し、皆様の不安を取り除きます。

 

そこまで言って大丈夫なんですか?

 

 

大丈夫です。では早速行きましょう

 

 

(このときお化け屋敷から泣いて出て来る外国人が近くを通りかかる…)

 

やっぱこの取材やめていいですか?

 

 

 

駄目です。僕が同行して記録・記憶するのでがんばってください。前田さんが発した言葉はそのままイラストにするのでくれぐれも「正確に」お願いします。

 

 

 

 

 

 

お化け屋敷内部で前田が発した声

 

うわー

扉があきました!

 

うわーいやー

 

扉が自動で開きました!

目の前には石碑があってうわっつ!

 

提灯が!提灯が..えー乱れ、乱れ光ってます!

 

提灯がピカピカピカ!

 

 

 

これは怖い!

うわーえっ…これは絶対怖いな

 

 

 

 

ビビり過ぎてるところすみません。ちょっといいですか。

 

 

なんでしょう。

 

 

『乱れ光る』という表現はなかなかいいと思うんです。
でも前田さん今『ピカピカピカ』って言いましたよね。『ピカ』が一個多いんじゃないですか?テンパりすぎでは?

 

 

より光ってる感を出すためですから!さ..さあ行きましょう!

 

 

 

 

 

 

えっと…骸骨みたいな人が目の前に居てこれが動くのかな

 

 

 

 

 

 

うわーーーー!!

 

 

前の人です!

前の人につられてうわーーーーって言いました!すみません!!!

 

 

で…

 

えーっと…

 

 

暗い!思ったより暗い!思ったより暗い!

 

で、なんか…黒いのが….

 

 

 

 

 

わーーーっ!

 

 

 

 

っていう声が聞こえて来た!また釣られた!!

 

 

 

ちょっとすみません。

 

 

うわ!!なんですか!いきなり!

 

 

何も起きてないのに驚かないでください。前田さんが発した声がそのまま書き起こされるのを忘れずに。

 

 

すみません。自分が発する言葉にはライターとして責任を持ちます。ではいきましょう。
 
 
 
 
 

 

あっなんか墓みたいなのが….

 

キモいキモいという声が!!

 

おっっと!!!

 

木が!木が!!!!

木が何本もある!!!!!

 

藁人形がガタガタ!

 

木が何本もあって!!!!怖い!!!

 

 

 

こういう風に喋ってないと怖い!!!喋ってないと後ろとかから

 

 

 

 

 

うわーーーー!

 

 

人が怖い!人がすごく怖い!人が怖い!

 

人の女性が怖いいいいいい!

 

 

 

 

ハァ….

 

本当に真っ暗で何も見えない…

 

あっ!怖い!

 

入り口全般が怖い!!!

でも!でもなんかもう!行かないといけない!

 

 

なんかもう真っ暗なところに通路…通路嫌だな…..狭い通路嫌だな…..

 

狭い通路…うわー…こういう死角はいや!こういう死角は嫌い!

 

 

 

 

しかし、怖い!嗚呼こわい!

 

 

 

まあ、えっっと手の跡がいっぱいあって手も…

 

うわ…真っ暗は怖い…

真っ暗は怖いけど、左側が怖い!左側が怖い!..けど右も怖い!

どっち!手の跡と人形が怖い!血の量が増えてきて…

 

 

ぎゃーーーーーーー

 

 

 

 

はあ….

 

 

 

喋ってないと怖い!喋ってないと怖いな!

 

 

 

 

 

ああああああああ!

 

後ろからああああああ!聞こえが聞こえてきたーーーー!!!!

 

まさか後ろに!後ろに!うわーこれ

こっちっこっちっこっちっこっちっこっち!

 

イヨ!こっち左側がトライ!怖い!

 

 

 

なんか拷問!拷問の人がいて!脇腹がアーーーーーーーーッ!

はこわい!!!!

 

あっでもまたこれ左の牢屋の中に右の襖あるから!右側!左側進もう!

 

 

うわーもうこれ押す扉とか…

これ、自発的に押す扉最悪….自発的のこれ…出入り口の中でも自発的ぃ…

 

 

すみません。ちょっといいですか。

 

 

もうなんなんですか。

 

 

黙ってみてたんですが、さっきから日本語がひどいです。

特に『左の牢屋の中に右の襖あるから!右側!左側進もう!』は意味が全く分からなかったです。

 

 

すみません。今から冷静になります。
 
 
 
 

 

 

 

うわー…はぁ…

 

 

 

 

人が3人倒れてるなー…3人も倒れてるなー…

この中の1人が動きそうだな…いやだなーここ。この空間ー。

 

地面が揺れてて…扉がガタガタしててこわ…あっすごい!部屋ごと揺れてる!すごい!

えー、人が三人死んでて…地面が揺れてて…

 

 

 

 

 

 

 

うわーーーーー

 

 

 

 

 

 

えへへ!えへへ!後ろからえへへ!

 

少女の笑い声が後ろからうわなんか髪垂れてませんか!上から髪垂れてませんか!

 

 

 

 

はああああ…..

 

 

 

 

あれ落ちてくるだろうなー!こわいなぁ…嫌だなー…

 

 

 

 

 

うわーこれ左側!右側!左!右が!上があああああ!

 

 

 

はあ..通路….

 

あの襖から出てくるんだろうなー!右怖いなー!

でもこっち障子!左が障子!

もう真ん中通るからな!!!

 

うわーでもなんか上!はあ..怖いぞこれは..

 

 

 

 

 

 

 

うわーこれ全体一体どこから!

 

 

 

 

うわーこわい!!!人が三人!すごいふふふ!

ふふふって声が!これは!これは!

 

 

タイム。『すごいふふふ』も相当ですが、『全体一体どこから』もおかしいですよね。『一体全体どこから』ですよね。

 

どうでもいいじゃないですか!僕は早く進んで出たいんですよ!行きますよ!

 

 

 
 

 

 

これは、ハァ…

怖いなーこれは怖いなー…

怖いなー怖いなー

うわーこれ…

これは!これは!

うわーこれ…

 

これは、ハァ…

 

(このあたりで編集長にはやく進めとガチ注意される)

 

そうですよね!止まらずに真っ直ぐ進むそれが

 

人形がいっぱいいる部屋ああああああぁー!!!

 

 

ちょっと!走っていかないでください!

 

 

 

 

人形が!あっでも人形が!うわっいやっ..

 

 

あーーーーーーーー!

 

こわい!こわい!こわい!それはこわい!

これはこわい

 

 

ぎゃーーーーー!

棚から出てくるのは怖い!

 

はあ…はあ..

 

 

 

 

この角にいる人形うごくやつだ絶対….

 

うわー。足がガクガクしてきた..あっ床か

 

床がガタガタしてます!

 

 

アホかよ。

 

 

うわー絶対これ怖いなー。

前に空間があるのがいやだなー。

 

 

 

 

 

 

うわーーーーーーーー!

 

 

 

 

はぁ…

 

 

 

 

 

プシューって言った右側で

首つりました右側を….

 

 

 

ゴールかなこれ….ゴールだ…

 

 

 

 

ハァ…

 

 

 

結果

 

日本語はめちゃくちゃだし首をつった。

 

 

 

 

オマケ

こわいものリストを一つにまとめた最高にこわい画像です。

 

 

 

 

太秦映画村全体を楽しんでいる記事はこちら↓

大の大人が京都の『太秦映画村』を本気で楽しんできた