洗脳研修!ゲイビデオ出演疑惑!新卒で入った会社を14日で退社してきた(前編)


後編はこちら

 

洗脳新人研修を受けてきました。

 

ロカフレライターの前田です。

いきなり過激な言葉から始めましたが、これからお話しする内容は全て僕自身が実際に体験した実話です。

潜入企画や、検証物なんかではなく、本当に僕自身が新卒で入社し、今後もずっと働いて行こうと思っていた会社で数日前まで受けてきた研修について書きました。

僕個人の価値観とは合わず、批判的な内容ではありますが、このような研修を行っている方々や、このような研修を受けた上で今も働いておられる方々個人への批判ではないということをご理解の上、読み進めていただければ幸いです。

 

洗脳された子は

最終日の研修では上司からの怒号を浴びながら

鼻水をたらして、

目玉をひん剥き、

えずきながら、

金切り声で「寝る時間削って頑張ります!!」と叫んでいました。

完全に人格が崩壊し、人間ではなくなっていました。

 

 

その姿を見て同期は涙を流していました。

彼を憐れむ涙でも、恐怖に怯える涙でもありません。

 

みんな、彼の言葉に感動して泣いているのです。

 

研修に参加した15人のうち僕を含めた2人は逃げ出すことができました。

僕は洗脳されなかったのです。反対に僕と真逆の特徴がある人はあっさり洗脳されてしまいました。

 

ブラック企業に対する風当たりの強い今、どのようにして洗脳を進めていったのか。

どんな人が洗脳されやすいのかについて書きます。

 

※内容には会社の特定を避けるために個人名や数値などの細かい部分でフェイクを織り交ぜています。

しかし、起こった事そのものが大きく違うということはありません。

 

 

一日目:社長っていい人

研修は全て会社の人間が行い、講師としても前に立ちます。

まず、簡単なオリエンテーションの後、3班に分けられ、その中でリーダーを決めるように言われました。

僕は、班員の顔色を見て「あ、この人達リーダー無理だ」と思ったのでリーダーに立候補しました。

 

僕には責任感というものがあまりなく、

面倒なので、できれば人に怒られたくはないですが人に怒られてもスルーはできるので

リーダーになる事自体に抵抗はありませんでした。

 

この日は社長のありがたい言葉をもらいました。

「ここまで育ててくれた親に感謝しよう」という内容のものでした。

「確かにそうだなー」と感動したと同時に「社長いい人だなー」と思いました。

 

オリエンテーションで社長が「今から研修が始まりますが、私には特定の宗教的思想・政治的思想があるわけでもありません」と前置きした上で話し始めたのには警戒しましたが、この言葉でその警戒も解けました。

 

また、この日は社長や課長のプライベートの話もでました。

僕はそれを必死でメモしました。

こういう話こそ覚えていたら好印象を持たれると考えたからです。

僕はとにかく媚びてでもいいから気に入られて、給料を人より多く貰いたいと思っていました。

 

研修から解放されたのは21時で、ご飯を食べて会社の用意した宿泊先に帰り着いたのは22時でした。

宿泊先は住宅地の中のアパートで、用意されていたのは布団、電気水道ガスです。

 

社長から『アパートに帰ったら「これまで育ててくれてありがとう。これからは社会人として一人で立っていきます。」と必ず親に電話しなさい。』という宿題が出されていたのを思い出しました。

僕は「めんどくせ」と思って結局連絡しませんでしたが。

 

 

 

〈こんな人が洗脳されやすい①〉

  • 責任感が強い
  • 人に怒られるのが恐い
  • 素直

 

 

 

 

2日目:つらい仕事を我慢しよう

研修は朝8時から始まります。

8時からは30分間掃除をしなければいけません。

 

そして、トイレ掃除は素手です。

 

素手でスポンジを持って便器の中を掃除しなければいけません。

一番汚い小便器のフタの部分も素手で取り出して洗う必要があります。

僕は死んでも無理です。

僕の代わりにこういうのが平気な班員が掃除してくれました。

 

 

掃除が終わったら講義ですが、この講義の内容は

大声出したりするだけで普通でした。

 

講義が終わってからはリーダーが別室で社長・課長のもとに集められ、ミーティングが行われました。

このリーダーミーティングは毎日行われるものです。

ここではリーダーからの班内の様子の報告であったり、社長たちからリーダーへの連絡事項の共有などが行われます。

 

ここで社長たちに言われた内容を班内ミーティングで伝えます。

社長から班員へのダメ出しもリーダーが行わなければいけません。

 

 

僕は「班員の一人の女の子、小田さんが笑ってごまかす癖があるから、そこを指摘してあげて」と言われました。

僕はその子に班でのミーティングで「社長はヘラヘラするなって言ってたけど、僕は小田さんの笑顔が可愛いと思うよ。(^_-)-☆」と伝えました。

 

そうです。ぼくはクズです。

 

案の定、班員からは「研修中に口説くな」と袋叩きに合いました。

こんな具合に不真面目にリーダーをやってました。

 

 

〈こんな人が洗脳されやすい②〉

  • 我慢強い
  • 真面目

 

 

 

3日目:残業に慣れよう

研修3日目にして、確信したことがあります。

この研修が毎日21時に終わるようになっていることです。

 

入社前にもらった研修のスケジュールが書かれた書類には17:00研修終了と書かれていたはずでしたが、

17時以降はミーティングやレポート、掃除、暗記などを強いられ、あっと言う間に21時です。

 

おそらくこれは通常業務に戻ったときに、スムーズに残業に慣れさせるためのものでしょう。

 

上司いわく

社内のルールとしては今年度から一応、近年の過労死問題などを受けて、

21時以降は残業しないようにというルールにはなったようです(渋々といった話し方)。

 

しかし、研修に来る前に1日だけ、実際に事務所で作業しましたが、聞いている感じだとこのルールはあってないようなもので、書類を一枚書けば21時以降も残業できます。

社員も「もっと残業したいのに手間が増えたな」ということを言っていました。

 

会社の理念の一節には「夜遅くなっても仕事を頑張ろう」的な内容が書かれています。

ちなみにこの理念、暗記しないといけません。

 

この日の講義中に「残業代は全部は出ない」と課長がポロッと言っていたのが気になりました。

ちなみにこの研修はもちろん残業代が出ません。

 

 

 

4日目:社訓を暗記しよう

4日目にして気持ち悪くなってきたのが「暗記課題」です。

1日目から出されていた課題でしたが、この暗記課題は社訓や会社の理念などを一言一句間違えずに覚えて暗唱するというものです。

この社訓もカルト宗教のような言い回しが用いられてて気持ち悪いです。

 

暗記課題は1分で暗唱できるボリュームのものが3つ、2分で暗唱できるボリュームのものが1つです。

毎日この暗記テストがありますが、この4つを研修期間中に暗唱できるようにしなければいけません。

 

自分のテストの順番ギリギリまで

「夜遅くなっても仕事を頑張ろう」とみんながブツブツ言いながら暗記してるのは異様でした。

 

4日目ともなると4つのうちの幾つかを暗唱できる人も出てきました。

暗唱テストは別室で行われるのですが、どれか一つをクリアして帰ってきた人にはみんな「おめでとう〜」と拍手をしていました。

 

僕は「なんとなくこの仲間意識が後々こわいなー」とひねくれて見ていました。

 

ちなみに暗記テストで不合格を重ねていくと、怒鳴られはしませんが

研修中の色んな場面で「暗記も全然できてないよね?」とチクチク責められます。

 

 

〈こんな人が洗脳されやすい③〉

  • 仲間意識が強い

 

 

 

 

5日目:班員のことが分かってきた

研修はいつも通りでした。

この間に班員とご飯に行く機会もあったので、ちょっとだけ班員のことも分かってきました。

全部仮名ですが紹介します。

 

中部さん:中途採用で入っていて研修を受けている家庭持ちのアラフォー男性。

内山くん:太っていて身長も大きいが引っ込み思案で優しい。

小田ちゃん:外見も中身も幼い。かわいい系。

斎藤くん:サイコパス

 

 

 

6日目:憧れの上司

社内には憧れの上司がいました。

めちゃくちゃすごい結果を出している人です。

 

この方が講師として登壇しました。

講義中に「テキストのこの文を読みたい人!」といってみんなに手を挙げさせました。

僕もこの方に近づきたかったので手を挙げていましたが一向にあたりません。

 

しかし、やる気のないサイコパス野郎の斎藤くんが手を挙げずに座っているとその上司はイラッとした様子で

「はい、じゃあ全然手を挙げてないから斎藤くん」と指名していました。

 

僕は「これだ!」と思って、あえて手を挙げずにぼーっとしている作戦に切り替えました。

すると、すぐにイラッとした様子で指名されました。嬉しかったです。

 

講義の後、この嬉しさと僕の作戦を斎藤くんに話すと「発想がサイコパス」と言われました。

翌日、僕は斎藤くんにマクドナルドに呼び出されました。

 

 

 

7日目:待ち遠しかった休日

研修中の休日は日曜のみでした。

貴重な休日に何をして過ごそうか迷っていたら斎藤くんから連絡が来て呼び出されました。

 

なぜ、僕が呼び出されたのか。なぜ僕が快く彼と昼ごはんを食べることにしたかというと、

どこかお互いに通じるものを感じていたからだと思います。

 

斎藤くんは目的を遂行できるならその結果人にどう思われようとも構わないタイプのクズです。

僕は目的のためなら手段を選ばないタイプのクズ(彼女に言われた)です。

 

斎藤くんは僕のことをサイコパスと呼びましたが、僕も彼のことをサイコ気質があると思っています。

良くも悪くも空気が読めなくて、怒られたりすることを面白がっている彼はリーダーである僕にとっては貴重な存在でした。

リーダーミーティングの際に班に何か問題があると、僕はとりあえず彼のせいにして社長に報告していたからです。

 

そのことをこの日、彼に会って話しましたが、「お前は人間のクズだな」といって笑っていました。

しかし、「上司に気に入られたいリーダー」「もっと人を怒らせたい斎藤くん」とは利害がピッタリと一致していました。

 

この日は一日中彼といたのですが本当に楽しかったです。

夜も酒を飲みに行って、楽しく彼と別れました。

 

ただ一つ、斎藤くんが「毎朝死にたいと思っている」と言ったのが気がかりでした。

彼なら本当に死にかねないと思ったからです。

 

 

 

 

8日目:プロレスラー

斎藤くんはすぐにネガティブな感情が態度に出てしまいます。

また、声も表情も暗く、研修中の実践的な練習などはあまり上手くこなせていません。

それらが上司の目についてしまい、損をしているように思えました。しかし、斎藤くんはそれを改めるのも癪に障るようです。

 

一方、僕は好青年タイプで、本心は隠しながらも笑顔でハキハキと受け答えし、何でも普通以上にこなせてしまいます。

正直、斎藤くんと僕の評価は真逆だと思います。

しかし、僕も会社への不満は爆発しそうになっています。

 

そこで僕たちは研修を上司を喜ばせるプロレスだと思うようにしました。

 

まず、僕は完璧な好青年を演じきってめんどくさいことは避ける。

斎藤くんも上司を騙すつもりで、ちゃんといい人を演じきる。

 

こうやってさっさと研修を終わらせようと考えました。

実際に斎藤くんはこの日から上司の評価が上がっていきました。

 

 

この日は現場研修で、自分たちで車を運転して現場に向かいました。

同乗している斎藤くんと車の中で会社の悪口を言いまくりました。

 

車から外に出る前に「さあ、プロレスの始まりだ!」と一呼吸おいて、扉を開け「おはようございます!」と二人とも笑顔で上司に爽やかな挨拶をしました。

斎藤くんがこちらをちらっと向いてニヤッとしたのがわかりました。

 

現場研修を終えて、僕たちは上司に「ありがとうございました!」と爽やかな挨拶を交わします。

振り向いて「うまく好青年を演じきれたな。」と笑みを浮かべて車の扉開けようとしたのですが、車の窓に自分の顔が写っていました。

 

醜い顔をしていました。

 

 

 

 

9日目:欠点を指摘される

この日は特別に、社長たちのもとへ、班全員が集まるミーティングがありました。

そこでは皆、キツめのことを言われてました。

40代中途の中部さんは、去年の半ばから入社しているので、営業の成績を持ち出していろいろと言われていて

小田さんは、幼さを指摘されて泣いてしまい、泣いたことをさらにまた注意されていました。

 

その後、社長ら抜きで班内でミーティングしましたが、僕は小田さんに「社長は涙を流すなって言ってたけど、僕はその涙好きだよ(^_-)-☆」とリーダーとして伝えてあげました。

 

班員に袋叩きにあいました。

 

ちなみに僕は社長にナルシストだと言われました。

 

 

 

10日目:中部さんの苦労

研修が終わった後、会社の車を運転して宿泊先に帰っているときの会話。

この車を運転しているのは相部屋の一人である中部さん。40代の中途採用の方です。

 

会社の車はドライブレコーダーが設置されており、車外だけでなく車内の様子も録画・録音されています。

カメラとマイクは衝撃を感知して作動するタイプのようです。事故が起きたらその時の映像と音声をチェックされます。

 

僕は会社のことが嫌いになりすぎて車内で皮肉を言ってました。

 

僕「わざと電柱にぶつかったあと、会社バンザイ!って叫んだら見てくれるから給料上がりますかね。」

 

中部さん「順番が逆になっただけで、やってることは特攻隊と同じだよね」

 

中部さんはこんなふうに気さくに僕達と話してくれました。

家族や過去についても話してくれました。

 

中部さんには小さいお子さんがいます。

ちょうど言葉を覚え始める時期で、奥さんからお子さんが何か喋っている動画が送られてくる度に、

「こんなこと俺が家にいたときには喋ってなかったなあ」とつぶやいていました。

今、子供の成長を見れないのはとても辛いと思います。

 

中部さんは昔は社長で、自分の会社をもっていました。

しかしそれを畳むことになり家族を養うためにこの会社にたどり着きました。

中部さんは去年から働いていますが、もらっている給料は僕達と同じ給料です。

 

しかもその給料も、人一人がやっと暮らせていけるほどのものです。

その給料で家族3人で暮らしています。

 

中部さんのこれまでの苦労は、その薄くなった頭髪から見て取れました。

 

 

 

 

11日目:リーダーとしての正義感

「この中で一番声が出てない人は誰か?リーダー教えてくれ。その人に声を出させる。」

講義の中で講師に言われました。

 

A班リーダー「僕が出ていません!」

講師「そうか!じゃあ声出せ!」

A班リーダー「はい!   あーーーーーーーー!」

 

講師「次、B班!誰がやる?」

B班リーダー「私です!」

講師「本当か?」

B班リーダー「はい!リーダーとして私が一番声を出さないと思うので私にやらせてください!」

講師「わかった」

B班リーダー「ありがとうございます!   あーーーーーーーー!」

 

講師「次、C班!」

僕「斎藤くんです。」

 

 

〈こんな人が洗脳されやすい③〉

  • 正義感が強い

 

 

 

12日目:好きな人

働いているときに「ありがとうございます。」よりも頻繁に使う、とある言葉がこの会社では禁止されています。

禁句というやつです。

 

その言葉が禁止されている理由もこの日の講義の中で教えてもらいましたが、

日常的に使っている言葉の解釈を変に捻じ曲げ、屁のような理屈をこねくり回して禁止しているだけでした。

 

 

この言葉は禁句だと分かっていてもポロッと出てしまうレベルのもので、

研修が始まって12日目ですがこの日も一人、間違って禁句を発してしまい怒られていました。

B班の好井さんという女の子です。

 

 

この好井さんに好意を寄せていたのが優しいぽっちゃり系の内山くんです。僕と同じ班です。

 

内山くんとは相部屋で、好井さんのどこが好きかや、他の男としゃべっていて嫉妬した話、好井さんにいいところを見せたいという話を毎日のように聞かされていました。

ちょっとだけめんどくさかったですが、微笑ましいなとも思っていました。

 

しかし、研修最終日に内山くんは好井さんの見たくない姿を見ることになり、

また、逆に見せたくない姿を見せてしまうことになります。

 

 

 

13日目:体も頭も疲れさせよう

 

21時に研修が終わり、ご飯を食べて家に帰るのが22時。

 

風呂に入って身支度している間に23時。

そこから暗記したり、講義内容の復習や宿題をやって、

 

翌朝起きるのが時。

 

こんな毎日をみんな送ってきていました。

 

これにトドメをさすように

12日目には、みんなの前で怒鳴られながら、とりあえず「私におまかせください」と大声で言っておけば合格できる営業の研修を受けて精神を消耗させて、

 

13日目には、現場研修で体力を消耗させていました。

 

体はヘトヘトで、頭はいっぱいいっぱい。

この状態にされたことで、みな判断力を奪われていました

 

ちなみに僕はアホらしいと思って23時には寝て、5時に起きてランニングしてました。お陰で心身ともに健康でした。

宿題や暗記、復習はできていませんでしたが、これで健康を損ねたら本当にアホらしいので

翌日に復習などができていないことを怒られることに関しては気にしませんでした。

 

 

 

〈こんな人が洗脳されやすい④〉

  • リフレッシュできる習慣・趣味がない

 

 

 

 

14日目:人格がぶっ壊される

研修最終日、判断力を奪ったところで

いよいよ僕達の人格をぶっ壊していきます。

 

社長たちいわく「殻を破る研修」らしいです。

 

それは、同期の前に立って「私は、○○な人間になります!」と宣言して

自分の思いを大声でスピーチするというものです。

 

発表者の隣には怒鳴る役の課長らがいて

スピーチの内容やその人の性格に対して揚げ足を取って汚い言葉で大声で怒鳴りつけます。

机を叩いて大きな音を出すことも….

 

 

発表者のスピーチを聞いている僕達の後ろには支社の上司がいます。

直属の上司に当たる人で、がんばれよという期待の眼差しを向けられているのです。

 

社長はというと、端の方で言葉を発さずにただ眺めています

いいご身分です。

 

同期の目、課長らの目、直属の上司の目、社長の目。

様々な目がそこに集まった、超緊張状態で発表を行わなければいけませんでした。

 

肉体的にも精神的にも疲れてる中、人前で怒鳴られて人格攻撃されるわけですから、みんなおかしくなってしまいます。

一番はじめのA班のときがあまりにもひどかったので証拠としてB班の番の時から録音をはじめました

 

その中の5秒間のみを公開してみたいと思います。殻を破ってしまった同期の声です。

たった5秒間ですがその場の全てを物語っています。

 

※ショッキングな音声が流れます。過去にトラウマがある方はご注意ください。

 

いかがでしょうか。

鼻水をたらして、目玉をひん剥き、フラフラになりながら、金切り声で「寝る時間削って頑張ります!!」と叫んでいるのです。

 

完全に人間の尊厳や人格が崩壊していました

僕もこの記事のために録音内容を聞き直しましたが、この時のことを思い出して全身から変な汗がでました。

お子様がいる方も想像してみてください。もし、息子さんや娘さんがこんな目に合ってたらと。

 

ちなみにこれを見ている同期はと言うと

感動の涙を流していました。

 

本当に気持ち悪い空間でした。

 

この研修には合格・不合格があり(基準は殻を破れたか)、不合格になると2周目、3周目があります。

つまり人によってはこれを一日中何回もやらされ、他の人は何度も聞かされるのです。

自分の思いに2周目もくそもあるのでしょうか。

 

そんなことを考えてるうちにC班に発表の順番が回ってきました。

 

トップバッターは中途採用の中部さんです。

中部さんは年下の前で、同じくらいの歳の上司から怒鳴られながらも必死に声を張り上げていました。

「中部さん!こんなのやらなくていいのに!!!」と僕はずっと思いながら見ていました。

 

思えば、素手で便器の掃除ができない僕をみて、代わりにやってくれたのがこの中部さんでした。

「そんな!いいですよ!!!」と言っても「俺は平気だから」といって素手で便器を磨き続けていました。

 

中部さんは結局不合格になっていましたが、上司からの怒号に大声で「ハイ!」と答え続ける中部さんに

子を持つ親としての覚悟を感じました。しかし、本当に胸糞悪かったです。

 

 

次は、優しいぽっちゃり系の内山くんです。彼には前日の夜、演技指導をしておきました。

自分の心からの思いを表明する研修なので、事前に文章を考えてくるのは禁止されていました。

しかし、完全に何も考えずにこれに挑むのは危険だということで、僕は内山くんが話す内容の構成を考え、必死な感じが出るように演技指導をしていました。

 

彼が話し始めたとき、きちんと前日の指導を取り入れているかのように思えました。

胸を張って立って、視線をそらさずに、自分のネガティブな部分や過去から話し始めて「でももう今は違う」という話の展開に持っていく、途中髪をかきあげてわざと髪型を乱す。

前の晩に教えたことを忠実にやってるんだと思いました。

 

しかし、彼は涙を流し始めました。えづき始めました。舌が回らなくなっていました。呼吸もおかしくなっていました。

 

彼は僕が教えたことをやっていたわけでなく、この場の空気に完全に飲まれていただけでした。

その姿を好井さんも見ていました。

 

おそらく優しい内山くんは、この場に立つ前にもっと辛い思いをしています。

なぜなら自分の発表の前に好意を寄せていた好井さんが、ボロクソに怒鳴られているところを目の当たりにしていたからです。

 

 

 

次に僕が笑顔が可愛い、涙が素敵と言った小田さんです。

僕は班員には口説いていると思われましたが、そうではありません。

もちろん10%は下心がありましたが、残りの90%は笑顔や涙を大事にしてほしいと思ったのを照れ隠ししながら伝えようと思った結果です。

確かに失敗を笑ってごまかすのは良くないことかもしれませんが、実際にそれでごまかせるくらいの素晴らしい笑顔を持ち合わせているのもまた、事実です。

プロとして仕事中に泣くのは良くないことかもしれませんが、そういう人は組織に一人くらいはいてほしい存在です。

社長がヘラヘラするなとか泣くなと言おうが、僕は僕の意見を言います。僕はその伝え方がちょっとだけ下手くそなんです。

 

小田さんが前に立って話し始め、そして金切り声で「よろしくお願いします!!!」と叫んでスピーチが終わりました。

小田さんは成長していました。彼女は笑顔も、涙も見せることなくスピーチを終えたのです。

僕はすこし寂しい気持ちになりました。

 

 

 

そうしていよいよ僕の番がやってきました。

 

 

 

 

上司「次!」

僕「はい!」

 

僕は前に立ちました。

 

同期で入ったみんなは本当にいい人ばかりでした。何かと僕を気にして声をかけてくれました。こんな僕を面白がってくれました。

 

でも、いい人過ぎて、みんなおかしくなってしまいました。

 

この日のみんなは見ていられませんでした。

前に立った僕が言うことは、もう決まっています。

 

 

 

僕「私は!この会社を!!!!辞めます!!!!!」

 

 

 

室内が静まり返りました。

 

 

後編につづく

洗脳研修!ゲイビデオ出演疑惑!新卒で入った会社を14日で退社してきた(後編)