ズボラ代表のyuzukaがバレンタインの危機を乗り越える!? プロの料理を自分で作れるシェフィを実践

私、yuzuka。女性達の悩みにお答えする、様々なコラムを執筆している。

私、yuzuka……。恋愛から美容まで、幅広いジャンルでのアドバイスを行っている。

私、yuzuka……。私、yuzuka…。私…。

こんにちは、yuzukaです

皆さま、元気ですか?私は元気ではありません

 

かれこれベッドの上で過ごすこと数日。暖房が効いた部屋で半袖で過ごすのって、最高。

そうなんです。私、女子力に疲れました

 

上下グレーのださい部屋着で何が悪い。ムダ毛?そんなものは知らない。

いうならば女子力休暇中です。もうしばらくは、女子っぽいことなんて、したくないんです。

だいたい私は本来、ズボラなんだ……。ゴミをゴミ箱に捨てないタイプなんだ……。

 

~~~~♪♪♪

ん……ライン……?

彼氏 バレンタインデーには、手料理が食べたいな♡

 

……バレン……タイン…デー?

完全に忘れていた。忘れていたよ、バレンタインデー。

あれでしょう?好きな男の子にチョコレートをあげて、ウフフアハハって喜び合う、よく分からないイベントだよね?

 

女子力を見せつけるためだけの、心底どうでも良いイベントのことですよね?

私は女子力休暇中だし……関係な……い……。

 

………。

 

やべえ。ズボラなことがバレる。

そう。私の彼は、無類の女子力好き

バレンタインデーに色めきだつ男女に、上下グレーの部屋着で痰を吐きかけているズボラ具合に気づかれたら、捨てられる。

それだけは避けたい。バレンタインデーに息の根を止められるなんて、ゴメンだ

 

yuzuka  たすけて……。

yuzuka:もしもし?女子力に定評のある顔面偏差値99のさよこ?

さよこ:なに?几帳面に見せかけて誰よりもズボラなyuzuka。

 

yuzuka:12年来の友達である貴女に相談があるんだけどね。

さよこ:バレンタインデーでしょ?snsを使って、料理が得意なことをたびたびチラつかせては見ていたけれど、実際のイベントに出せるような手料理には自信がないし、材料や調味料をそろえるのが億劫で、困っているんだよね?

 

yuzuka:お見通しじゃないか。どうしよう。絶対にバレたくないの。ズボラなことだけは、絶対に……。

さよこ:そんなことだろうと思って、良いものを送っておいてあげたから。デート当日は、それさえあれば大丈夫。

 

yuzuka:本当に?いったい何を送ったっていうの……?彼は市販のチョコレートよりも手料理を望む、最も面倒くさいタイプの男よ……?

さよこ:任せなさい。頑張って乗り切ってね。

 

ズボラ女が迎えるバレンタインデート

ということで、やってきました。バレンタインデートの日。

デートと言ってもおうちデート。素敵な手料理を振る舞ってイチャイチャするという、くだらないイベントです

私はそんなことよりも、溜め込んでいるテラスハウスを見ながら女性メンバーの悪口を言いたいんだけど、まあ良い。

 

ブツブツ言いながらそれらしくエプロンを引っ張り出してきたんだけど……。

yuzuka:しゅわしゅわですやん。

 

結んだリボンの左右の長さも違うけど、こうやってポケットにしまっちゃえばバレないし。大丈夫、大丈夫。うふふ。

 

そんな私のもとに親友のさよこが送ってきてくれたのは、Chefyのミールキット

私のようなズボラ女子でも、わざわざ材料を買い揃えることもなく、それでいて本格的な料理を振る舞うことができるという優れものらしい。

 

こらこら、画面を閉じようとしている貴女。ちょっと最後まで聞いてみて。

Chefyのミールキットのコンセプトは、週末の食卓をちょっとリッチにすること。

 

定額制の宅配サービスで、土日2日分の材料とそのレシピが、ダンボールに入れて送られてくるんだけど、このミールキットは「普段一切料理をしないけど、彼が来る週末だけ料理上手になりきりたいズボラ女子」だけではなく、「普段から料理をするけど、週末だけはもっと凝った料理を作りたいステキ女子」にもオススメできるの。

 

そんな都合の良い商品、存在するのかよ……。って疑っていたのは私も同じ。

睨みをきかせながらダンボールを開けてみると、中には、食材とレシピ。

 

野菜ひとつひとつにロゴシールが貼られていて、可愛い……。

 

料理をする人なら分かると思うんだけど、二人分の食材って、買い揃えるのが難しい……。

同棲しているならまだしも、彼の家で料理を作るときなんて特に、買い揃えたってそのまま余って腐らせて、無駄になっちゃうんだよね。

調味料なんてとくにそう。ハーブ類や粉チーズも、高いのに、もったいない。だって残しても使わないじゃん、男達

 

だけどChefyのミールキットを使えば、注文した人数分の食材だけがきっちり届くから、それだけで既に最高。

調味料もちゃんと計測されているから手順通りに入れれば良いだけだし、勿論買い揃えるより、ずっとリーズナブル。

 

今まで全てを買い散らかしていた私の家の調味料がどうなっているかって?

yuzuka:一度しか使わない調味料を買い漁ると、こういう地獄を見ることになるという良い例ですね。非常に汚い。

 

…ところで……。私はさっきから、写真に写り込んでいるアレが気になってしかたないの。

ビールまで入っているなんて、気が利くにもほどがあるでしょう、Chefy……。

と、思いきや。

yuzuka:ビールのスープだと……?

 

そう。さっき言った「普段から料理をするけど、今日だけはもっと凝った料理を作りたいステキ女子」にもオススメできるポイントはここでね、Chefyのレシピは、有名シェフが監修した、Chefyのためだけに書き下ろされたもの。

そんじょそこらのレシピとは一味違う、バリエーション豊富なアイディアで溢れているから、メニューを見るだけでワクワクしちゃう。

yuzuka:イケメンフレンチシェフ。

 

ただのレシピって、今やネットにゴロゴロ転がっているじゃない?

だけどプロが携わっていると、今まで思いつかなかったような斬新なメニューは勿論のこと、基本的な料理にもこだわりの裏ワザが散りばめられていて、本格的な料理に挑戦することもできるの。

ホームページを見ると、他にもこんなメニューが……。週末が楽しみになっちゃいそう……。

毎週土日は彼と一緒に台所に立つっていうのも、イベント性があって素敵かも。

普段使うことのない不思議な野菜も入っているから、なんだか料理上手になった気分……。

ポワロー……。この野菜とビールを組み合わせた料理って、どんなものになるんだろう。

 

実際に作ってみた

さて。本日のメニューは

牛バラ肉とキノコのストロガノフ〜ポルト酒の香り〜

ポワローとビールのスープ

yuzuka:料理名に「〜○○を添えて〜」が出てきた時点で勝ち組やで。

 

レシピ通りに下ごしらえをしていくんだけど、野菜が使い切れるって、最高……。

単純な切り方だけではなく、お肉を柔らかくするための工夫とか、ちょっとした小技が書かれていたりするんだけど、

やっぱりそういうプロならではの一手間を教えてもらえるって、嬉しいよね。

そしてこれ。これだよ。

こういう「この料理以外いつ使うねん」っていう調味料を、そのメニュー分だけ用意してもらえるってのが、とっても嬉しい。あるのとないのとでは全然違うけど、買うのは勿体無いってやつ、結構あるよね……。

お肉の下ごしらえにも、たくさんの工夫が……。

 

yuzuka:すでに美味しそう。

 

ビールを入れて作るスープ……。振る舞う時の小ネタにも最適。

液状の調味料もすべて計量済みだから、絶対に失敗しないという最強の安心感。

 

レシピ通りに作っていくこと約30分……。

 

完成

見てください。この料理上手な匂いが漏れ出した食卓を。

これなんてあれですよ?ポワローが入っていますからね……。

これなんて、〜ポルト酒の香り〜ですからね?

しかも勿論、味もバッチリ美味しい。洋食屋さんでしか食べられないような、奥の深い風味に、感動……。

 

因みにポワローは、臭みがないけれど濃厚で甘みのあるネギみたいな味で、美味しかったよ。

 

yuzuka:これ、本当に私が作ったの……?

 

あとは女子力マックスな格好で彼を出迎えれば、完璧……うふふ。

yuzuka いらっしゃい。ご飯、作っておいたよ♡

 

見た目も味も本格的!毎週末、有名シェフの書き下ろしレシピと使い切りの材料が届く!

Chefyのミールキットは、これから料理を始めたい方から、ズボラ女子諸君、そして料理上手な貴女まで。

誰もが満足できる、女子力アップのための、最強の武器になること間違いなし!

ズボラ女子だってバレずにすんだのも、Chefyのおかげ。うふふ。

 

 [広告] ロカフレ編集部より、Chefyのご紹介

今回記事に出てきたChefy(シェフィ)は、2017年にできたまだまだ新しい食材宅配サービスです。(2019年1月、Chefyはサービスを終了しました)

編集部でも「プロの料理を自分で作れて食べれるならいいなぁ…」と思い、ちょっと高いですが、年始頃に一度頼んでみました。

 

調理は思いのほか簡単で、味の方もまぁまぁウマい。

ただ、値段が値段だけに自分だけで食べるなら、まぁこれ一回キリだなぁという結論に至りました。

 

広告ではありますが、一人暮らしの人には、あんまおすすめしないということです。

すみません。

 

ただ今回の記事に出てくるズボラ代表yuzukaさんのように、作ってあげる相手がいるなら別ではないでしょうか。

作り方など、超簡単に書いてありますし、料理ができない人であっても大丈夫だと思います。

 

もうすぐバレンタインですし、そこらで一度自分の大切な人へ作ってあげてはいかがでしょう。

関連記事

  1. 【歯の白さはマナー】日本では買えない市販のホワイトニング剤を紹介してみる

  2. カニ通販でハズレを引かないために見るべきポイント3点!値段は超大事

  3. ソフトバンクからMNPでラインモバイルに乗換え!その全手順をまとめました

  4. お金が貯まらない人がやめるべき11の習慣をご紹介!お金が貯まらない人の特徴とは

  5. 【カニ通販の裏技】コスパの良いカニを選ぶ方法と注意点!冬前に見て

  6. 【検証】アフリカの美容室で「ヘアメイク全部おまかせ」にしたらどうなるの?

  7. エルベシャプリエ 707GP 舟型トートバッグMを徹底レビュー!通勤や旅行など、あらゆるシーンで大活躍です

  8. 【工具手ほどき帳】正しいねじを締め方と順番について!実は決まりがあります

  9. 無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス」を徹底レビュー!キッチン、トイレ、生活のあらゆる場所に大活躍

  10. 【野菜直売所×板前】春トマトで作る簡単マリネがもはや神。

  11. 在庫がないほど超大人気商品『ブルーナボンボン』を飼いだした人の末路

  12. 全3階建て!TERRARIUM CAFE(テラリウムカフェ)に行ってみた

  13. 【魚屋×板前】魚の煮付けの「選び方〜超簡単な作り方」まで完全網羅した

  14. 全く同じプロフィール&写真で反応が良いのはどこ!?マッチングアプリ3つで比較してみた。

  15. 時給1200円の都内新宿の派遣社員を3年続けたけどすぐ辞めればよかった話