まだ諦めないで!日焼けで黒くなった肌を白く戻す方法を素人なりに解説

ついつい、日焼け対策を怠り、気づいたときには肌が真っ黒。

そんなことってありませんか。

 

その時は特段気にしないものですが、後々、後悔することって多いと思います。

私も小さい頃に何度か後悔したことが…。

 

今回は、小さい頃の私と同じように日焼けで肌が黒くなってしまった人へ、キレイな白い肌へ戻す方法をご紹介いたします!

※当記事は医師資格をもった者が執筆しているわけではなく、あくまで素人の経験から基づくものです

 

まずは冷やして保湿

日焼けは肌が火傷をしている状態なので、まずはセオリー通りに冷やすことから始めてください。

 

この冷やす行為を怠り、先に化粧水等をつけると、ヒリヒリと肌に染みることとなり、お肌にとっても良くないです。必ず、十分に冷やし、痛み・かゆみを取ってからにしてください!

また冷やす時に感覚が麻痺しますが、同じところに何分も当てる行為は危険です。なので十分に注意を払った上で処置をお願いいたします。

 

肌のターンオーバーを促進させる

日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線を浴びることでメラニン色素が肌に大量に作られることが原因です。

焼けて黒くなった肌を元の白い肌に戻すためには、メラニン色素の生成を抑制、または排出をする必要があります。

 

そこでターンオーバー(新陳代謝)の出番です。

ターンオーバーとは表皮が生まれ変わり、古い表皮がアカとなって剥がれるのを繰り返すことです。

 

これによりメラニンを含んだ角層も徐々に落ちていくので、次第に日焼けした肌が白く戻っていきます。

 

とにかく早く肌を白く戻したい…

そんな方法はない!と言いたいところですが、理論上はそうだよね、というものがあるのでそちらをご紹介。

簡単な話、ターンオーバーを活発にして早めることで、日焼けした肌をいち早く白く戻すことができます。

 

なのでここからは、ターンオーバーを活発にして早めるためにできる対策について挙げていきますね。

 

美白化粧品を使う

美白化粧品には、肌のなかでメラニンが作られるのを防ぎ、ターンオーバーを促進させる作用があります。

そして美白化粧品を選ぶ際は、その作用を働かせる成分を多く含むものを使ってください。

 

しかし、実際店頭に並んでいる化粧品には、その美白成分が入っていることが少なく、「ホワイト○○」と書かれていて、美白をイメージさせていても、あまり効果がないものばかり。

そこで一つの指標として、「薬用美白」と書かれた化粧品を選ぶようにしましょう。こう書かれている化粧品は、先ほど述べた成分が十分に入っています。

 

飲む日焼け止めもおすすめしたい

飲む日焼け止めとは、読んで字のごとく『飲むことで日焼けを防ぐもの』です。

「え?そんなのあるの??」っと思われるかもしれませんが、2016年頃から普通に売られており、今では割と認知されているのではないでしょうか。

 

商品名などから誤解されがちなのですが、簡単な話、サプリメントと同じとなります。

なので塗るタイプである従来までの日焼け止めと同じようなものでは正直ありません。体内に栄養素を取り入れ、ターンオーバーを促進しよう!というものなので、私的には予防よりも、今回のような肌を白く戻したいときに有効かと思うのです。

参考:飲む日焼け止めの効果や仕組みについて取材へいってわかった、思っていたものと違った件

 

ピーリングでメラニンの排出を促す

ピーリングとは皮膚を剥がし、再生させることで肌を正常な状態に戻すことです。

これを行うことで古い角質が除去され、ターンオーバーを早めることができます。

 

ピーリングで代謝を促すのは一種の若返りとなるので、しみや小ジワの予防にも繫がりますよ。

ただ、あまり頻繁にやりすぎると肌が荒れる原因となるので週に1,2回に控えるようにしましょう。

参考:ケミカルピーリングや漢方薬。夜職で肌がボロボロになった私が実際に試した美容法

 

また、日焼け後の肌がヒリヒリしている時、ピーリングは絶対にNGです。

肌のヒリヒリが完全に治ってからにしてくださいね。もちろんピーリングの後はクリームや化粧水でケアすることを忘れないように!!

 

運動を行う

運動を行って、血行を良くすることもターンオーバーを早める方法の一つです。特にウォーキングやスロージョギングなどは代謝が良くなり、汗をかくことで老廃物の排出もできるので、オススメです。

もちろんこの時、日焼け対策をするようにしてくださいね。なるべく日が当たらない夕方以降、または、ジムに通うようにしてください!

 

睡眠を十分に確保する

どんなに日焼けのケアしていても睡眠を十分に確保しないと効果は半減してしまいます。

最低でも1日6時間は寝るようにしてください。

 

また、就寝時間がまちまちだと体内時計が乱れて成長ホルモンの分泌に影響が出るので、同じ時間に寝て、同じ時間に起きる規則正しい生活をすることが大切です。

 

まとめ

以上4つの対策を行うことでターンオーバーを早め、日焼けした肌を迅速に白く戻すことが可能です。

日焼けと言えば、大概、予防になりますよね。もちろん日焼けをする前に日焼け止め等を使って、焼けないことが一番大事です。

 

しかし、黒くなってしまったからと言って、すぐに諦めてしまうのも、もったいない!!

以上の適切な処置により、なるべく白い肌を取り戻しましょう。

関連記事

  1. 暴露!ポーラの飲む日焼け止め『ホワイトショット インナーロック』を徹底レビュー

  2. 【最新版】徹底比較!2020年に流行る飲む日焼け止めをランキング付けしてみた

  3. 『可愛いの価値観』が全然違う!憧れのロサンゼルスにて生活用品を調査してきた

  4. 女子の悩みはプロテインを飲めば解決するって本当?プロに聞いてみた!

  5. 日焼けしやすい時間帯はいつ?それ以上浴びるとお肌が危ない!?

  6. 【週1のエステより毎日の腹筋】習慣こそ目標達成(キレイになる)への最短ルート!

  7. アラサー女子に朗報!落ちない口紅「ベリサムリップ」が超優秀なので見てほしい

  8. 【検証】アフリカの美容室で「ヘアメイク全部おまかせ」にしたらどうなるの?

  9. 【緊急SOS】鼻の毛をぜんぶ抜く大作戦(鼻毛抜きに最適なブラジリアンワックス体験レポ)

  1. マスクがなければ入場お断り?営業を再開したUSJが関西2府4県限定だ…

    2020.07.02

  2. 【敵は本能寺にあり】亀山城から本能寺まで実際に歩いてみた。

    2020.06.28

  3. 手をかざすと鈴の音がなる?緊急事態宣言が明けた京都の観光地を歩…

    2020.06.08

  4. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営…

    2020.05.18

  5. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  6. 突然の全国一斉臨時休校に現場の教員はどう思っている?現役教員11…

    2020.03.28

  7. 【ジブリ飯】千と千尋のお父さんが食べていたアレを求めて神戸の南…

    2020.03.03

  8. 【花粉対策】マスクの代用品には○○が一番?マスクの代わりになるも…

    2020.02.10

  9. かやぶきの里 雪灯廊に行ったら70年に1度の異変が起きていた

    2020.02.01

  10. 今、韓国旅行は安全なのか。2019年8月11日から韓国の釜山へ行ってき…

    2019.08.28

  1. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  2. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから…

    2019.08.19

  3. 諦めたことがある全ての人へ。沖縄県の米軍基地を現地取材してきま…

    2018.03.05

  4. 六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んで…

    2017.10.17

  5. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催し…

    2017.10.12

  6. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路…

    2017.10.05

  7. サラダパンの生まれ故郷『まるい食パン専門店はつるやパンの夢やっ…

    2017.09.15

  8. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付…

    2017.08.10

  9. 江ノ島観光で癒されろ!とりあえず東京でがんばるあなたへ、最強の…

    2017.07.25

  10. 昆虫食が人類の未来を救う?実食したら少し世界が広がった話

    2017.06.20