可愛いが溢れる街!ローテンブルクのおすすめスポットや街までの行き方をご紹介

こんにちは、Mic(@miku427)です。

ドイツに住んで早いもので4ヶ月が経ちました。

 

フランクフルトはハブ空港となる空港があり、電車も発達しているため、とても安い値段で様々なところへ旅行できるのがいいところ。

ドイツの電車はオンタイムで動いており安心できるので、ドイツへお越しの際はぜひ電車を利用して、安く色々な国へ旅をするべきです。

 

さて、今回はフランクフルトから日帰りで行ける人気観光スポットのご紹介。

まるで絵本の世界である「ローテンブルク」を紹介していきます。

 

ローテンブルク

中世の街並みがそのまま残るローテンブルクはドイツでも人気の高い観光スポット。

カラフルな家が立ち並ぶメルヘンな世界は女性からも圧倒的な支持を誇っています。

 

この写真はローテンブルクで一番有名な場所プレーンライン、マルクト広場を南に進んだところにある小さな広場で、よくガイドブックにも掲載されているところです。

 

ローテンブルク旧市街は古い城壁に囲まれており、街を一周すると2時間ほど。

レストランや土産店もたくさんあるので4時間は確保して回るのがオススメです!

 

木組みのカラフルな家に時計塔、石畳が作り出す雰囲気は、まるでおとぎの国に迷い込んだかのよう・・・。

 

ローテンブルクまでのアクセス

フランクフルト中央駅からローテンブルクへは、電車を2回乗り継ぎ、約2時間半で到着です。

値段は取る時期や等級によっても前後しますが、私は早割期間外に取って往復107ユーロでした。

 

ドイツ鉄道(DB)のホームページから予約ができるので、お得に旅をしたい人は早割で事前にチケット購入を済ませておくことがオススメです。

 

参考にわたしが行ったスケジュールはこちら。

①ICE 527

  • 8:54 Frankfurt(Main)Hbf
  • 10:02 Wurzburg Hbf

乗り換え

②RB58113

  • 10:41 Wurzburg Hbf
  • 11:23 Steinach(b Rothenburg ob der Tauber)

乗り換え

③RE58893

  • 11:35 Steinach(b Rothenburg ob der Tauber)
  • 11:49 Rothenburg o d Taub

①から②の乗り換えの間が30分ほどあったので、少し外に出てヴュルツブルクの街を歩きました。

ヴュルツブルク自体も大変人気な観光地の一つなので、皆さんにおすすめしたいです。

 

乗り換えの間に観光は恐いと思われるかもしれませんが、実はドイツには、改札がありません。

なので乗り換えの間を使って、自由に外へ出て街歩きができるんです。

 

ちなみにチケットを購入する際に、注意してほしいことがあります。

それは「フランクフルト」「ローテンブルク」という名前が含まれる駅名が、いくつも存在するということ。予約の際には駅名を間違えないように気をつけて下さい。

 

フランクフルト中央駅は、「Frankfurt Main Hbf」。

ローテンブルクの最寄駅は「Rothenburg of der Tauber」です。

 

ローテンブルク駅にあるパンフレット

ローテンブルクの駅に着いてまずゲットしておきたいのが、こちらの日本語ガイド!

パンフレット内の日本語がちょいちょいおかしいのが気になりますが…。地図付きでとても細かく観光スポットが記されています。

 

さて、パンフレットをゲットしたら、いよいよローテンブルク旧市街へいきましょう。

駅から歩くこと10〜15分ほどで入り口が現れます。(その間、美しい街並みや素敵な外観をもつホテルをたくさん)

 

メルヘンの街!

ローテンブルクに到着です。

ずーっと行きたかったところなので、ついた瞬間からワクワクが止まりません。

 

噂でよく聞く「メルヘンな街」「絵本の世界」という言葉。

ガイドブックって良いところだけ写すし、期待はずれの観光地多いからな〜と疑いながら行ったところ…。

 

本当にメルヘン!

入り口はこーんな感じ!

メルヘン全開でカラフルな木組みの家が並んでいます。

お花屋さんのオブジェもとっても素敵!

ローテンブルクは、お店の看板がどこもとても可愛いので、ぜひ注目してみてください。

 

中心地のマルクト広場

どこもかしこもメルヘンが止まりません。

ドイツに住んでいても、こんなにカラフルで可愛い木組みの建物はなかなか目にできないので感動しました。

 

市庁舎からの眺めは圧巻!

そしてローテンブルクを訪れた際、市庁舎からの眺めは必見です。

ガイドブックに紹介されているこの写真を綺麗に撮ることができますよ。

 

ローテンブルクは、女子旅にてドイツに行く人際、もっともオススメしたいところです。

女子にはたまらない「可愛い」が溢れるスポットなのです。

 

ローテンブルクのおすすめスポット

ローテンブルクは街並みが可愛いだけでなくレストランやお店も充実しています。

ということで、実際に訪れてみて良かったオススメの観光スポットを紹介しておきます。短時間で観光をされる方も、ここはおさえておくべきですよ。

 

テディランド

ドイツで最大級といわれるテディベア専門店が、ローテンブルクにあります。

その名も「テディランド」

 

テディベアのぬいぐるみはもちろん、ストラップ、絵本、文房具とあらゆるテディベア商品が店を埋め尽くしています。

テディベア好きにはたまらないお店、ドイツといえばシュタイフも有名ですが、ぜひこちらのお店にも足を運んでみてください。

 

ケーテ・ウォルファルト

そしてローテンブルクといえば、ここ!

クリスマスグッズを一年中置いているお店「ケーテ・ウォルファルト」

 

ドイツ中、5つの街で展開されるお店の本店が、こちらのローテンブルクにあり「クリスマスビレッジ」と名付けられています。

とても広い店内にはドイツの様々なクリスマスグッズが並び、店内には高さ約5メートルの大きな白いクリスマスツリーも飾られていますよ。

入り口には可愛いくるみ割り人形も!

店内にもくるみ割り人形やクリスマスピラミッドといったドイツの伝統的な木工芸品がたくさん売られており、お土産に買っていく人がたくさんいました。

日本で本場ドイツのクリスマスグッズを手に入れようと思うと、とても高いのですよね。ぜひドイツに来た際にゲットしてください。

 

シュネーバル

そしてローテンブルクへ行ったらこれを食べるのも忘れずに。

街のいたるところに存在するローテンブルク名物の揚げ菓子「シュネーバル」です。

 

パイ生地のようなサクサクしたお菓子は、一度食べるとやみつきになること間違い無し!

シュネーバルのお店では大きいものは直径10センチほど、半分くらいの小さいサイズのものも売られています。

 

味もノーマルのものからシナモン、チョコと様々な味があるので、小さいサイズを何個か食べ比べるのがオススメ!

ぜひ観光の際には現地の「食」も楽しんでみてくださいね。

 

まとめ

「かわいい」が止まらない女子必見の人気観光スポットはいかがでしたでしょうか。

クリスマスシーズンには街中が装飾されて一気にクリスマスモード!

 

ローテンブルクのクリスマスマーケットも非常に人気が高いのでオススメです。

今人気のフォトジェニックスポットがたくさんのローテンブルク。ぜひドイツに行った際はぜひ訪れてみてくださいね。

関連記事

  1. 女子必見!ドイツ「ローテンブルク」のクリスマスマーケットが可愛過ぎる!限定イベントもあるよ

  2. 沖縄北部にある螢窯(じんじんよう)が凄かったので、ぜひ行ってほしい件

  3. 【2019年】本場ドイツのクリスマスマーケットに行ったのでレポ!行き方やおすすめ品をご紹介(フランクフルト編)

  4. 宝塚の大手チェーンカフェの「むさしの森珈琲」が電源やWI-FI天国だったのでおすすめしたい

  5. 「KOHハウス」なる絶景カフェがカッコ良過ぎた…

  6. ドイツで海外生活!フランクフルトの治安・オススメ観光スポットを紹介

  7. ドイツで大人気のお店「DEPOT」を徹底紹介!クリスマスシーズンは特に見逃せない?

  1. 【酒類提供一切禁止】ソムリエ、業務酒販店、ワインコンサルティン…

    2021.06.10

  2. ワインってかっこいいから飲んでるんじゃないの?ワインの魅力や飲…

    2021.06.10

  3. 飲食店のような休業補償も受けられず、旅館のようにGo To の恩恵も…

    2021.05.19

  4. 私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決…

    2021.02.27

  5. 緊急事態宣言で夜のサービスエリアはどうなっている?

    2021.01.31

  6. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  7. マスクがなければ入場お断り?営業を再開したUSJが関西2府4県限定だ…

    2020.07.02

  8. 【敵は本能寺にあり】亀山城から本能寺まで実際に歩いてみた。

    2020.06.28

  9. 手をかざすと鈴の音がなる?緊急事態宣言が明けた京都の観光地を歩…

    2020.06.08

  10. 緊急事態宣言が解除されてもすぐに営業は再開できない?飲食店経営…

    2020.05.18

  1. 私は一ヶ月後、この牛を殺します。〜私がヴィーガンにならないと決…

    2021.02.27

  2. 【キャンプ初心者必見】LOGOSが手掛けるアウトドアのテーマパーク『…

    2020.08.05

  3. PayPayって手数料無料なのにどうやって儲けてるの?100億円あげちゃ…

    2020.04.27

  4. デマに惑わされるな!色々と話題の「レゴランド」に行ってきたから…

    2019.08.19

  5. 諦めたことがある全ての人へ。沖縄県の米軍基地を現地取材してきま…

    2018.03.05

  6. 六本木で豪遊♡男女ふたりバーレスク東京でプロのセクシーさを学んで…

    2017.10.17

  7. 外来魚問題を知ってもらいたい!琵琶湖でロカフレ釣り大会を開催し…

    2017.10.12

  8. 最強の日本酒テーマパークが京都にあるって知ってる?伏水酒蔵小路…

    2017.10.05

  9. サラダパンの生まれ故郷『まるい食パン専門店はつるやパンの夢やっ…

    2017.09.15

  10. 琵琶湖一周釣り対決をしていたら、滋賀県の抱える根深い問題に気付…

    2017.08.10

目次